使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » システム建築とは » システム建築倉庫の工期

システム建築倉庫の工期

システム建築の倉庫を建てるには、どれくらいの工期がかかるのでしょうか?

こちらのページでは、システム建築倉庫完成までの一般的な工期と、フローを紹介していきたいと思います。

倉庫建築にかかる工期は?【システム建築編】

システム建築で倉庫を建てる場合、だいたい4ヶ月程度の工期をみておいた方がいいでしょう。プレハブ建築倉庫、テント倉庫に比べると長く、最も工期のかかる工法といえます。

ただ、システム建築倉庫には、丈夫で長持ちする、よりニーズに合った設計の倉庫を造れるといったメリットもあるため、メリット・デメリットを総合的に考慮して選ぶのがおすすめです。

システム建築で倉庫を建てる際のフローを紹介

システム建築倉庫の完成までには、一般的に、以下のような8つのステップを踏むことになるでしょう。

  1. ヒアリング…まずは担当者によるヒアリング。建設予定地についてや、倉庫の用途・規模、荷重条件、機械設備の有無などの確認がされます。また、予算や竣工日等の相談も行なわれるでしょう。
  2. 現地確認…ヒアリングが終われば、次は倉庫を建てる現場の確認。搬入路や水道・排水、電気、法的チェックなどが行なわれ、建築計画に反映されます。また、諸官庁等の制限事項もあわせて確認することになるでしょう。
  3. 見積もり…ヒアリングや現地確認で得た情報を元に見積もりが出されます。
  4. 契約…見積もりや計画内容に問題がなければ、契約となります。
  5. 設計…システム建築では必要な部品やディテールなどがあらかじめ標準化されているため、設計には時間がかからないのが一般的です。
  6. 各種申請手続き…建築確認申請等の各種手続きが行なわれます。
  7. 製造…鉄骨や外壁、屋根などが、システム建築専用工場の自動生産ラインで製造されます。
  8. 施工…必要な部品が揃えば工事着手となり、現場での施工がスタート。工期は上で説明したとおりです。

紹介したフローは、工法に関わらずどの倉庫でもだいたい同じになるでしょう。

ただ、各段階にかかる期間などにより全体の工期には差があり、システム建築倉庫は最も長い工期がかかってしまいます。「もっと早く倉庫を造りたい!」「最短の工期で建てたい」という方は、テント倉庫がおすすめです。→工法別・比較早見表をチェック

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ