使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » プレハブ建築とは » プレハブ建築の倉庫が建てられる会社 » 大和リース

大和リース

大和リースのプレハブ建築倉庫について紹介。会社の特徴や実績などもリサーチしています。

プレハブ建築メーカー「大和リース」の特徴

1959年、大和ハウスグループの一員として創業した大和リース。品質の確かな商品・サービスを迅速に提供すること、環境に配慮しつつ資源の可能性を最大限生かすことを基軸に、事業を展開してきました。

豊富な実績で培ったノウハウとバラエティに富んだ商品ラインナップで、時代に応じた建築の提案を実施。介護福祉関連、児童福祉関連、教育施設関連、店舗・事務所・工場・倉庫など、幅広いニーズに応えてくれる会社です。

以下、大和リースが提供するプレハブ建築倉庫について、特筆すべきセールスポイントをご紹介します。

豊富な実績

大和リースは、倉庫建築においても豊富な実績があります。その実績から培った確かなノウハウにより、デザイン・価格・品質・工期と満足度の高い倉庫を提供してくれます。

ニーズに応じた提案

中柱のない大規模屋内空間が特徴の「ダイワスペース」や鉄骨造など、それぞれのニーズをじっくり聞き、最適な商品・プランを提案してくれます。倉庫と事務所の併設などにも対応。冷凍・冷蔵庫やクリーンルームといった設備にもしっかり対応してくれます。

環境にも配慮

大和リースの建物は、安心・安全を考慮し、自然エネルギーの有効活用をはじめ環境にも配慮しています。たとえば「緑化システム」。景観アップやストレス軽減、ヒートアイランド現象抑制など、建物の緑化がもたらす効果は実にさまざま。壁や屋上、人が行き交う場所の緑化に取り組むことで、工場内外の環境改善を図ることができます。また、太陽光発電システムやリチウムイオン蓄電池なども採用しています。

「大和リース」のプレハブ建築倉庫

大和リースのラインナップの中から、倉庫に適応可能な商品をご紹介します。

ダイワスペース

倉庫・工場向けに開発されたダイワスペースは、スパン3,000mmを基本モジュールとして12,000~24,000mmの5バリエーションを展開。これによって、すっきりとした内観と鉄骨の使用数量低減を実現し、必要に応じた広さを低価格で提供することを可能にしています。また、3,000mmグリッドの組み合わせによって100パターン程のプランに対応。梁下は5,000mm(Sタイプ)と7,500mm(Hタイプ)の2タイプがあります。さらに、要望の多い「庇(出幅3,000mm)」と「軽量電動シャッター」を標準装備。外壁は角波サイディングが標準仕様です。

(※オプションで「出幅5,000mmの庇」「断熱サイディングの外壁」「ALC 板の外壁」「2.8tまでのホイストクレーン」にも対応してもらえます。)

ダイワスペースRS

2階建て工場や倉庫に最適なダイワスペースRS。 事務所としての利用はもちろん、防犯設備(屋外)、給湯設備や空調調和設備などの導入も可能です。外構工事や建物サインもオプションとして選べるので、利用目的に合わせて自由にカスタマイズができます。

あらゆるアレンジに対応可能で、大型店舗・事務所・工場・倉庫・物量施設と幅広く使われています。庇(ひさし)12mを標準仕様しているので、大型運送車の搬入搬出時も雨や直射日光から守ってくれます。室内はLED照明で明るく、柱感覚は11.0m、梁下有効高は5.5m以上。アウトバースにより保管可能な倉庫面積を広く確保できます。

危険物貯蔵庫

大和リース株式会社の危険物貯蔵庫は危険物の規則に関する政令」に準じる必要な設備が標準装備になっているユニット型貯蔵庫です。オプションで引込開閉盤や防火ダンパー付ガラリ、強制機械換気を装備することもできます。

スピーディーに設置が可能で移設も簡単に行えるので、ガソリンやアルコールなどの危険物を管理できます。政令に定められた指定数量に応じた2タイプを用意しています。

はこ太郎・はこ次郎

小型の倉庫や物置向けユニットのはこ太郎・はこ次郎。設置が簡単で、照明や軒樋など便利な設備を標準装備したユニットハウスです。自社工場で製造し設置するユニットハウスタイプなので、施工も1日で完了します。環境にも優しく、シックハウス対策済みです。

敷地面積や用途に合わせて3坪タイプの「はこ太郎」と、2.4坪タイプの「はこ次郎」から選ぶことができます。カラーバリエーションは白と木目調があるので、外観にもこだわることができます。

「大和リース」のプレハブ建築倉庫施工事例

施工事例1 ダイワスペース

ダイワスペース 施工事例1
画像引用元:大和リース公式サイト(https://works.daiwalease.co.jp/prefab/24654)

倉庫として使用しているダイワスペースであり、静岡県磐田市にあります。延べ床面積は1,394㎡の平屋建てになっています。スッキリとシャープなグレーの外観に白いシャッターが印象的です。標準仕様の12mの庇があるため、雨天の搬入搬出もできます。

施工事例2 ダイワスペース

ダイワスペース 施工事例2
画像引用元:大和リース公式サイト(https://works.daiwalease.co.jp/prefab/24339)

山口県防府市の物件で、2棟のダイワスペースが使用されています。延床面積は1,167㎡+1,194㎡の大きな倉庫となっています。倉庫ではあまり見ないような落ち着いた色合いと、標準仕様になっている大きな庇が目を引く個性的な外観です。

施工事例3 ダイワスペース

ダイワスペース 施工事例3
画像引用元:大和リース公式サイト(https://works.daiwalease.co.jp/prefab/24048)

山口県熊毛郡で倉庫として使われています。延床面積が1,709㎡の平屋建てになっており、広い搬入口が3つあり、その上には12メートルの庇が途切れることなくついています。天井も高く、庫内の空間も広々としているので、さまざまな用途に使うことができます。

会社情報

 会社名 大和リース株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区農人橋2‐1‐36
創立年 1959年6月(設立1947年7月)
営業日 平日9:00~18:00
受付時間 平日9:00~18:00
問い合わせTEL 0120-988-523

★費用面と工期を考えると、プレハブ建築の倉庫より高パフォーマンスを出せる「テント倉庫」という選択肢もあります!ビジネスプランに最適な工法を比較チェックしたい方は、ぜひこちらをご確認ください。→工法別・比較早見表を確認する

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ