使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » 自然災害による物流業界・製造業の被害

自然災害による倉庫と物流への被害

関西空港の倉庫に大打撃を与えた台風21号

2018年9月に関西地方を中心に襲った台風21号の影響で、交通網や電力などのインフラが大きなダメージを受けました。関西空港内の倉庫では浸水の被害が発生し、多くの貨物に打撃を与えました。また、ある物流センターでは建物の一部が破損し、商品の一部が水濡れする被害に。その他にも倉庫のシャッターや屋根が破損するなど、至るところで多くの被害が出ました。

日本で起こっている物流被害は、台風によるものだけではありません。地震や津波、竜巻や積雪、豪雨や落雷による被害も考えられます。いつどこで起こるか予測できないのが自然災害の恐ろしさです。

物流被害を最小限に食い止めるには、頑丈かつメンテナンスしやすい倉庫が必要になります。

物流業界の倉庫事情

いつ起こるかわからない地震・大雪・大雨などによる自然災害。その影響により、普段の点検ではなんともなかった倉庫が崩壊してしまうケースが多発しています。災害対策をしようにも、普段の業務で手が回らず後回しになっているのが現状。そうして実際に災害が起きたときには、生産ラインの停止や人的被害により、大きなコストがかかる結果になってしまいます。

自然災害による倉庫の倒壊・破損、それに伴う保管商品や物流への影響を最小限に抑えるには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。倉庫の種類によって、メンテナンス時に気をつける点が異なります。

自然災害に備えたプレハブ倉庫のメンテナンス

プレハブ倉庫は安さが魅力ですが、手軽に建てられるので、倒壊・破損の被害報告件数がもっとも多い倉庫です。とくに強風で屋根が飛んでしまう被害が多いため、屋根のメンテナンスを重点的に行うのがベター。錆や釘の浮きがないか、定期的にチェックしましょう。また、屋根の材質をトタンより丈夫なガルバリウム鋼にすることで、耐用年数が長くなります。

プレハブ建築倉庫についてもっと詳しく>>

自然災害に備えたテント倉庫のメンテナンス

テント倉庫は工期が最も短くて手軽に建てられますが、テント膜は時間が経つにつれて劣化してしまいます。多少の劣化ならテープを貼るだけで補強できますが、メンテナンスをせずに放置したままでは自然災害の被害を避けられないでしょう。設置場所の自然環境や、固定式・伸縮式などのテントの種類、使用状況にもよりますが、設置から10年を目安にメンテナンスを行うのがベストです。

テント倉庫についてもっと詳しく>>

自然災害に備えたシステム建築倉庫のメンテナンス

システム建築倉庫は最も被害件数が少ない倉庫。しかし、大きな地震で倒壊した場合は、屋内の照明や窓ガラスが割れる、シャッターが破損して荷物を取り出せなくなるなどの問題が生じる可能性があります。被害を最小限に抑えるために、ガラスや照明、シャッターなど細かな部分までメンテナンスを行ってください。

システム建築倉庫についてもっと詳しく>>

耐久性に優れている建築方法をチェック

2018年・自然災害による具体的な倉庫被害

2018年9月…電子部品製造会社の倉庫が倒壊

台風21号の強風により、滋賀県にある電子部品製造会社の倉庫が倒壊。当時の彦根市の最大瞬間風速は46.2メートル。朝日新聞が公開した写真を確認したところ、倒壊したのはトタン屋根のプレハブ倉庫だったことが確認できました。強風にあおられて倉庫の屋根が落ち、屋外で作業していたスタッフ3名が巻き込まれ、1名の死者が出るおそろしい結果となってしまいました。

2018年9月…冷蔵倉庫の操業停止

台風21号による倉庫被害は倒壊だけではありません。大阪港湾地区では、冷蔵倉庫を所有する会社が大きな被害を受けました。理由は、停電後しばらく電力が復旧しなかったためです。計3箇所の冷蔵倉庫が操業見合わせとなりました。

2018年8月…酒造株式会社の倉庫が崩壊

台風20号の影響により、瞬間最大風速39.3メートルを記録した兵庫県明石市。その強風によって、酒造会社の木造倉庫が崩壊した事件がありました。不幸中の幸いか、倉庫は空き瓶置き場にしていたもので、生産しているお酒への被害はなかったそうです。とはいえ、倉庫は以前の形がわからない程に崩壊する結果となってしまいました。

2018年10月…診療所の倉庫が倒壊

10月に長崎県全域を襲ったのは台風25号。長崎地方気象台によると、最大瞬間風速は39.5メートルを観測したそうです。その被害にあったのは、五島市玉之浦町に軒を連ねていた診療所の倉庫。トタン屋根の木造倉庫で、屋根の部分だけが強風にあおられて吹き飛ばされてしまったそうです。

物流被害後の再建に向いている倉庫は?

自然災害により倉庫が倒壊して物流被害が生じた際は、倉庫を再建しなければいけません。しかし、災害後は多くの問題が待ち受けているため、倉庫建築の依頼から建て直しまで、かなりの時間がかかってしまいます。

再建の際に役立つのは工期が短いテント倉庫。骨組みに合わせてシートを張るシンプルな工法なので、建設時の工期を短縮することができます。500~1,000m2規模のテント倉庫であれば、最短2ヶ月で完成でき、建設コストも抑えられるでしょう。

工期が最短1.5か月のテント倉庫をチェック

丈夫なテント倉庫を建てるには「被膜」が重要

テント倉庫は独自の構造や設計で軽量な素材を使うことで、基礎工事のボリュームを減らし建設コストを削減できるようになるため、膜構造の選び方が重要です。最適な膜構造で建築することで工事ボリュームを低減し、大幅な工期短縮も実現できます。

テント倉庫の魅力はそれだけではありません。膜材は下部躯体への荷重を軽減する役割があり、下部躯体の挙動に追随しやすい柔軟さを持っています。軽量ながら強靭で弾性回復力も高いため、建築材料の屋根材として最適です。

台風や大雨、大雪などによる災害から完全に資材を防ぐことはできませんが、半壊や倒壊などによる再建設にかかるコストを安く抑えられるでしょう。

また、被膜タイプは太陽光を透過する役割があるので、昼間は室内の照明が不要。消費電力を抑え、ランニングコストの削減にもつながります。

倉庫内は、夏は暑く冬は寒くなってしまいますが、二重膜システムを採用することで温度調節が可能です。内幕や換気扇との併用で外気温度と同じ程度に調節できます。

テント倉庫を選ぶ際は、耐久性が高く照明コストを削減できる透光率の高い素材を利用した膜材テントの採用がおすすめです。

被膜にこだわったテント倉庫会社

被膜テント倉庫は建設コスト、ランニングコスト、工期の削減に優れていることがわかりました。ただし、それだけでは対策万全とは言えません。建物と同じく、テント倉庫は経年劣化や風化してしまうもの。劣化が進むと、強風や台風などによって倒壊したり飛散してしまったりするおそれがあります。膜材においても定期的なメンテナンスを行っているテント倉庫会社に依頼することが大切です。さらにどんなトラブルにも対応できる、アフターフォローが充実したテント倉庫会社を選びましょう。

テント倉庫建築会社をチェック

自然災害に備えて加入しておくべき保険

自社倉庫を所有している場合、保険に加入することで自然災害による損害を最小限に抑えられます。事前に加入しておいたほうが良い代表的な保険をまとめているので、参考にしてみてください。

動産総合保険

動産総合保険は、自社で保管・運送している原材料・商品・在庫品・現金・小切手などを守ってくれる保険です。台風や地震、積雪や雨漏り、落雷など、自然災害による被害はもちろん、ガス爆発や盗難、不注意の事故による損害も対象となります。補償される内容は以下です。自社倉庫を持ち、商品を保管しているなら、必ず加入しておいたほうが良いでしょう。

物流総合保険

自社で保管・運送・加工している原材料・部品・製品・半製品を守ってくれる保険です。台風や地震、積雪や雨漏り、落雷など、自然災害による被害はもちろん、爆発事故や盗難による損害も補償される点は動産総合保険と同じです。

物流総合保険は保管品や運送中の動産にくわえ、加工中の製品も補償の対象となるのが魅力。ただし、動産総合保険と違って現金や小切手、高級品などは補償対象外です。生鮮食料品の補償範囲に関しても制限があるため、倉庫で保管している動産が保障の対象になるか事前に確認しておくことをおすすめします。

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ