使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » テント倉庫とは » 千葉エリアの施工に対応しているテント倉庫会社

千葉エリアの施工に対応しているテント倉庫会社

千葉エリアに対応しているテント倉庫施工会社を紹介しています。会社によって工法や実績、得意分野やおすすめポイントが異なるため、比較・検討してみてください。

太陽工業

太陽工業は膜構造建築物で世界をリードしているといっても過言ではない会社。1922年の創業以来、中規模なテント倉庫から1,000m2を超える大規模な膜構造物まで、幅広く手掛けてきた実績があります。テント倉庫のほかには、膜材を用いた大型ドームやスポーツ施設、物流倉庫や太陽光発電用のソーラーパネル設置にも対応。膜の軽さという特性を活かして、世界中に膜構造物を普及しており、膜の可能性を大きく広げています。膜のアリーナを世界で初めて作ったのも太陽工業です。

テント膜材をすべて自社で開発&製造しているのがポイント。膜材は防汚性(付着した汚れを分解・除去する性能)に優れており、長い目で見たときのメンテナンス費用を抑えられます。また建築物の設計及び施工もすべて自社で行っているそうです。

千葉エリアの施工事例

メガフレックステント倉庫の事例

太陽工業_千葉テント倉庫_事例
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/株式会社技研製作所%E3%80%80様/)

太陽工業が扱うテント倉庫の中で最大級の商品「メガフレックステント」の施工事例です。床面積は1,500m2まで、保管物によっては最大3,000m2まで対応しています。在来工法でこれだけの空間を無柱にするのは難しいところ。軽量な膜材を使用するテント倉庫だからこそ、無柱空間を実現しています。保管倉庫、あるいは作業倉庫などに使う場合、無柱空間が大きければ大きいほど作業効率が高まるでしょう。

固定式テント倉庫の事例

太陽工業_千葉テント倉庫_事例
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/ckd日機電装株式会社%E3%80%80様/)

ベーシックな固定式テント倉庫の施工事例です。耐久性を突き詰めた円弧形状の屋根が特徴的。建築コストを下げるため、太陽工業は資材全般を管理しています。もちろん、使い勝手も考え尽くされた仕上がりです。間口は8mから30mまでのサイズから選択可能。事例の倉庫は、重量物を動かすためのホイストクレーンをオプションで設置しています。

製造業の保管用固定式テント倉庫の事例

太陽工業_千葉テント倉庫_事例
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/某製造業%E3%80%80様/)

製造業の保管倉庫として建てられた固定式テント倉庫の事例です。荷捌場&作業場として効率よく利用できるよう、開口部の外にはオプションで上屋テントを付けています。開口部が2箇所あるのは、貨物の入出庫の効率を上げるためでしょう。保管倉庫の機能として注目したいのは換気扇が設置されている点。テント幕にはCMX220V8-2という不燃性能がある膜材を使用しており、防災も考えられていることがわかります。

荷捌用上屋テントの事例

太陽工業_千葉テント倉庫_事例
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/某化学工場%E3%80%80様/)

化学工場の荷捌場として設置された上屋テントの事例です。商品名は開放型ワークステーション。

このような上屋テントは、倉庫や工場施設の作業効率向上に欠かせない存在です。太陽工業の上屋テントは、トラック1台分のサイズから倉庫に合わせた大規模なサイズまであります。ちょっとした通路の雨除けとして設置するも良し、倉庫の搬入搬出作業の日よけにするも良し。様々な用途に合わせた自由な設定が可能となっています。

ハーフハイブリッドテント倉庫の事例

太陽工業_千葉テント倉庫_事例
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/環境商事株式会社-様/)

重量物を扱う保管倉庫の事例です。2.8tまで対応しているホイストクレーンをオプションにて設置しています。軽量なテント倉庫でも、ホイストクレーンの設置は可能です。ハイブリッドテント倉庫との違いは、外壁に使用されるガルバリウム鋼板が高さに対して半分だけ使われているところ。また、倉庫内に中2階を設置することで、スペースを効率良く使えるよう設計されています。

店舗使用のテント倉庫の事例

太陽工業_千葉テント倉庫_事例
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/流山トントンランド-様/)

太陽工業の標準テント倉庫を大きくアレンジして、店舗兼ミニサーキット場として使用している事例です。店舗兼ミニサーキット場は人の出入りが多いため、前後左右の面に複数のサッシ窓を設置して空気の循環を良くしています。また、天井膜にはライトスルーという透過性の高い膜材が使用。日中は太陽光により明るい室内を実現、間口は倉庫ではないので小さなドア分のスペースのみ設けています。

ハイブリッドテント倉庫の事例

太陽工業_千葉テント倉庫_事例1
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/ダイシン商事株式会社%E3%80%80様/)

ハイブリッドタイプのテント倉庫の事例です。屋根は膜材を使用していますが、壁材には鋼板を使用することで耐久性と防犯性を高めています。膜材はウルトラマックスという国土交通省が認定するものを使用。耐久期間は7年に設定されており、防炎加工や吸水防止加工、紫外線防止加工などが施されています。透化性が高くて日光を多く取り入れる膜材のため、明るい倉庫内を実現可能。事例の倉庫はオプションで照明と換気、そして自動火災報知機を設置しています。

荒井テント工業

昭和39年から千葉県成田市で三代にわたって地域密着型のサービスを提供している荒井テント工業。テント商品や看板の施工、販売を行っています。大型のテント倉庫よりも、どちらかと言えば中型のオーニングテントや店舗の日除テント、店舗用のテント看板などを得意としているようです。

営業エリアは千葉・東京・茨木近辺。営業エリアだけで1,200件の制作実績があります。地域密着型の会社というだけあって、小回りに優れており、ちょっとしたテントの相談にスピーディーに乗ってくれるのが強みです。

千葉エリアの施工事例

伸縮式テント倉庫の事例

荒井テント工業_事例写真 引用元HP:荒井テント工業公式サイト
http://arai-tent.com/blog/3384/

工場の伸縮式テント倉庫のテント膜張り替え工事の事例です。テント膜の寿命は10年と言われていますが、定期的にメンテナンスをすれば寿命を伸ばすことができます。また、張り替え作業も簡単なのがテント倉庫のいいところ。事例の伸縮式テント倉庫は、保管物の入出庫の手間と時間を減らせる設計で、ジャバラを伸縮させれば大型トラックも貨物の近くまで行けるメリットがあります。

テント倉庫の補修の事例

荒井テント工業_事例写真 引用元HP:荒井テント工業公式サイト
http://arai-tent.com/blog/3357/

化学製品を扱う会社の保管用テント倉庫の扉の補修工事の事例です。テント倉庫に限らず、やはり建築物は経年で劣化するもの。事例の倉庫も経年により、観音扉のレールが破損したため、補修工事を行いました。テント倉庫のメリットは在来工法の倉庫と比べて補修が簡単なところ。また、補修のコストも安く、工期も短いため、短期間でいつも通りの倉庫に修復できるのが魅力です。

テント倉庫のテント膜補修の事例

荒井テント工業_事例写真 引用元HP:荒井テント工業公式サイト
http://arai-tent.com/blog/3355/

テント倉庫メーカーによっては、施工が完了したらそれで終わりというところもあります。しかし、テント倉庫は補修が大事になってくる倉庫なのです。テント膜の破れや穴あき、それ以外にも定期的なメンテナンスを実施することで長い寿命を実現します。事例の倉庫は、破れた部分のみを新しく張り替え。全面交換ではなく問題のある箇所だけを補修できるのもテントのメリットです。

テントカーテン設置の事例

荒井テント工業_事例写真 引用元HP:荒井テント工業公式サイト
http://arai-tent.com/blog/3352/

雨が吹き込むのを防ぐために間仕切りのカーテンを設置した事例です。素材はビニールで無色透明。太陽の光を遮ることなく、雨避けや防音などの効果を果たしてくれます。また保温や保湿効果、そして防風、防塵などの効果も期待できるそうです。扉を開け閉めせずともトラックで通過でき、作業の妨げにはなりません。

荷捌場用上屋テントの張り替えの事例

荒井テント工業_事例写真 引用元HP:荒井テント工業公式サイト
http://arai-tent.com/blog/3290/

荷捌場用の上屋テントの張り替え工事の事例です。もともとは開閉式テントでしたが、あまり使うことが無かったため、通常の上屋テントに張り替えたとのこと。事例のように、テント倉庫は用途に応じてカスタマイズできるのが魅力です。作業自体そこまで大掛かりなものにはならないので、用途が変わった場合はすぐに仕様を変更して業務に復帰できます。

作業車用のテント倉庫の事例

荒井テント工業_事例写真 引用元HP:荒井テント工業公式サイト
http://arai-tent.com/blog/3280/

高所作業車用のテント倉庫の事例です。設置した理由は、高所作業車を雨や風から守るため。このようにフレキシブルに手軽に設置ができるのがテント倉庫のメリットでもあります。このテント倉庫を建てるにあたり、基礎工事は別途、先に行いましたが、鉄骨を組んでテントを貼って完成するまでは1日の作業で完了したそう。サイズにもよりますが、短工期で完成するのがテント倉庫の特徴です。

テント倉庫の補修の事例

荒井テント工業_事例写真 引用元HP:荒井テント工業公式サイト
http://arai-tent.com/blog/3349/

こちらは、台風の影響で天井膜の3か所に穴が開いてしまい、補修工事を行ったテント倉庫の事例です。テントの特性で全部張り替える必要はなく、穴の開いた箇所のみを補修できるため、問題なく工事は進められました。ただし経年劣化でテントは退色するため、補修した箇所とそうでない箇所の色むらが出る可能性があるため、補修工事を行う場合は注意が必要です。

丸八テント商会

名古屋の老舗テントメーカーである丸八テント商会。家庭用の小さなオーニングから大型サイズのテント倉庫まで、完全オーダーメードで建てられるのが強みです。用途や建設する土地のサイズや形などを鑑み、効率の良いフレキシブルなテント倉庫建築を実現してくれます。丸八テント商会がこれまで手掛けた膜構造物の施工の中で代表的なのは、中部空港、愛知万博などのテント設置です。

千葉エリアの施工事例

作業車用のテント倉庫の施工事例

丸八テント商会_事例写真 引用元HP:丸八テント商会公式サイト
https://www.08tent.co.jp/2011/12/post-583.html

作業車のためのテント倉庫を設置。作業車が出入りするので開口部は大きな間口をとり、ドアはカーテン式で作業車の出入りがスムーズになるように設計されています。テント膜素材は軽いので、このサイズのカーテンドアでも手動で楽に開け閉めできます。開口部は、用途に合わせていろいろな仕様に柔軟に変更可能です。

休憩所用テントの施工事例

丸八テント商会_事例写真 引用元HP:丸八テント商会公式サイト
https://www.08tent.co.jp/?p=2764

千葉県内にある公共施設において、休憩所用に設置されたテントの事例です。雨避け・日除けとして設置されることがとても多いテント素材。設置が簡単で、メンテナンスも楽なので好まれているようです。メンテナンスも簡単で、汚れれば張り替えれば良いので、綺麗な景観を保つには有効な素材です。ただし、日光や雨風にさらされるとどうしても退色してしまいます。

階段用テントの施工事例

丸八テント商会_事例写真 引用元HP:丸八テント商会公式サイト
https://www.08tent.co.jp/?p=1474

元々は屋根の無かった屋外の階段にテントを設置した事例。必要なスペースに必要なだけテントを設置する、そんなフレキシブルな使い方ができるのがテントのメリットでもあります。中央にコンクリートが突き出ている事例のように、変則な形でも設置は問題ありません。テントの色はたくさんあり、自宅用あるいは店舗用としての利用も可能です。

産業用テントの施工事例

丸八テント商会_事例写真 引用元HP:丸八テント商会公式サイト
https://www.08tent.co.jp/?p=928

テント膜材は、保管用のテント倉庫や作業のテント倉庫に使われるイメージが強いですが、駐車場の屋根に使われることも珍しくありません。こちらの事例は、車2台分のスペースに設置されたテントです。開口部は車の出入りがあるので広めに設けられ、扉はカーテン式を採用しています。テント素材はとても軽量なので、スムーズに手で開け閉め可能。開口部を大きく取りたい場合はカーテン式がおすすめ。

荷捌場テントの施工事例

丸八テント商会_事例写真 引用元HP:丸八テント商会公式サイト
https://www.08tent.co.jp/?paged=5&cat=17

搬入・搬出作業の多い倉庫のそばには、必ずと言ってよいほど荷捌場があります。荷捌場としてテント上屋を併設すれば、雨や雪などの天候に左右されることなく、毎日の作業に集中することが可能。また、日除けとしても活躍してくれます。とくに日差しの強い夏場は、日除けがあるだけで幾分か作業しやすくなるはずです。

ロゴ入りパワーテントの施工事例

丸八テント商会_事例写真 引用元HP:丸八テント商会公式サイト
https://www.08tent.co.jp/2012/08/post-757.html

テント膜材は産業用のテント倉庫以外にもいろいろなシーンで利用されています。例えば運動会の来賓席やちょっとしたイベントで利用されることが多い「パワーテント」です。町内会名や団体名などが印刷されている簡易テント、見かけたことがある方も多いでしょう。事例のパワーテントもロゴが入っています。

庇テントの施工事例

丸八テント商会_事例写真 引用元HP:丸八テント商会公式サイト
https://www.08tent.co.jp/?p=418

店頭の軒下に設置された庇テントの事例です。雨の吹き込みなどを防ぐ効果と同時に店舗の看板としての役割も果たしてくれます。まさに一石二鳥のテントです。テント膜材のカラー展開は豊富で、自分の店舗に合ったカラーをチョイスできます。また、自宅用の日除け・雨避けにも利用可能です。

大川工業株式会社

日除けに特化した金物商材をもとに大正5年から事業を展開してきた大川工業。テント倉庫は昭和31年より手掛け、独自のブランド「OK式テント」を有名ブランドへと成長させた実績があります。また、日本で初めてパイプ折りたたみ式の集会用テントをリリースしたブランドもOK式テントです。

松戸と守谷に工場を持ち、OK式テントを日々生産している大川工業。依頼者の希望に合わせた設計・デザインのテント倉庫建築を可能としています。またオプションも幅広い展開をしています。

千葉エリアの施工事例

建築資材用 テント倉庫の施工事例

大川工業株式会社_事例写真 引用元HP:大川工業株式会社公式サイト
http://www.ohkawa-kougyou.com/merchandise/warehouse/21.html

側面に開口部を2つ設置したテント倉庫の事例です。商品名はOKハウス。特徴はフレームの独自の連結方法にあります。このフレームは建設用機械を必要とせず、人力で工具と足場さえあれば組み上げることが可能。また、フレームは風と雪に強い設計となっており、1mまでの積雪ならば問題ないそうです。豪雪地帯に設置する場合は、その環境に合わせて強度を高めることもできます。

建築資材用 テント倉庫の施工事例

大川工業株式会社_事例写真 引用元HP:大川工業株式会社公式サイト
http://www.ohkawa-kougyou.com/merchandise/warehouse/22.html

オープンタイプのテント倉庫の導入事例。作業車の駐車場としての用途がメインですが、ちょっとした資材の保管もできるため、雨避けの目的でも建てられました。したがって、開口部はオープンタイプ。開口部は広く設けているため、空気の循環や採光も良好です。もし扉が必要な場合は、カーテン式の扉を後付けすることもできます。

建築資材用 テントの施工事例

大川工業株式会社_事例写真 引用元HP:大川工業株式会社公式サイト
http://www.ohkawa-kougyou.com/merchandise/warehouse/26.html

既存の建築物にテント素材の庇を取り付けることで、作業効率は飛躍的に向上します。こちらは雨の吹き込みで機械が濡れてしまうという課題があった企業の庇テント導入事例。庇を取り付けたことで、雨の吹き込みを防げるようになっています。雨樋をつけたことで雨水の流れも一定に。事例のように、テント倉庫は粉塵を外へ逃さないための間仕切りを追加したり、作業スペースの拡大のために変則的な設計をしたりすることも可能です。

京英株式会社

工業製品の縫製加工場としてスタートした京英株式会社。現在はテント倉庫や工業用シートなどの工業用繊維製品をメインとして、製作加工および販売を行っています。また、すべての製品を自社工場で生産しているのも特徴です。

京英のテント倉庫は完全オーダーメイドなので、どんなサイズにも対応できます。自社製作なのでコスト面においても外注に出しているテント会社より安価な設定を実現。建築確認業務の代行もしてくれるため心強いでしょう。

千葉エリアの施工事例

店舗用テント倉庫の施工事例

京英株式会社_事例写真
画像引用元:京英株式会社公式サイト
(http://kyo-ei-eco.co.jp/example/オプション付きテント/)

土台はベーシックなテント倉庫ですが、オプションをたくさんつけているのが特徴です。開口部は全面ガラス扉。これはテント倉庫ではあまり見かけない珍しいオプションです。またベンチレーターやシャッター、庇など、ショップとして使うためのフル装備がなされています。

資材置き場用テントの施工事例

京英株式会社_事例写真
画像引用元:京英株式会社公式サイト
(http://kyo-ei-eco.co.jp/example/資材置き場テント/)

千葉県の有名なアミューズメント施設に設置された資材置き場用テントの事例。このエリアが来客者の通路として利用されることになり、資材をしまう場所を急ぎで設置したそうです。周辺には木や緑がたくさんあるので、それに馴染むようにグリーンのテント素材を使用しています。

オーニングテントの施工事例

京英株式会社_事例写真
画像引用元:京英株式会社公式サイト
(http://kyo-ei-eco.co.jp/example/自動販売機上オーニングテント/)

オーニングテントの張り替え事例です。テント素材は、経年劣化を避けられません。しかし、手軽に張り替えられるメリットを持ち合わせています。膜材を張り替えることで、店舗の雰囲気もガラリと変わるので定期的な張り替え工事がおすすめです。

可動式伸縮テントの施工事例

京英株式会社_事例写真
画像引用元:京英株式会社公式サイト
(http://kyo-ei-eco.co.jp/example/電動可動式伸縮型テント/)

重量物や長尺を倉庫へ出し入れするのはとても大変です。倉庫の奥のほうに保管しているものは、クレーンで荷捌場まで運ぶ2度手間が発生します。事例のような伸縮式テントなら、出したい貨物の部分まで倉庫を縮め、貨物の近くまで車輌を寄せられるため、搬入・搬出作業がスムーズになるでしょう。

プール用上屋テントの施工事例

京英株式会社_事例写真
画像引用元:京英株式会社公式サイト
(http://kyo-ei-eco.co.jp/example/ベンチテント/)

千葉県の某アミューズメント施設のベンチの屋根用テントを設置した事例。来客者用ということで景観に合ったデザインの高い設計を採用しました。膜材の張り替えの難易度は高そうですが、こういったデザイン性のあるテントは集客にもつながる可能性があります。

千葉店装

昭和46年にスタートした千葉店装はテント倉庫からオーニング、日除けテントなどテント構造物全般を取り扱っています。自社で設計、製作、施工できるのは大きな強みだと言えるでしょう。スタートから一貫して自社で手がけることで、外注コストのカットにも成功しています。そして何より、依頼者の思いがそのまま現場に伝わるのが大きな魅力です。

千葉店装では大型のテント倉庫だけでなく、一般用のテント商品も積極的に展開しています。

千葉エリアの施工事例

駐車場用テント倉庫の施工事例

千葉店装_事例写真
画像引用元:千葉店装公式サイト
(https://chibatenso.jimdofree.com/テント図鑑/テント倉庫/)

作業車を駐車するためのスペースに建てられた雨避け用のテント倉庫。作業をスムーズにするため、間口はドアはなくオープン式になっています。オープン式の場合、開口部のサイズをギリギリまで大きく取れるので、物の出し入れなどもしやすくなり、空気の循環も良くなります。

貨物一時保管用テント倉庫の施工事例

千葉店装_事例写真
画像引用元:千葉店装公式サイト
(https://chibatenso.jimdofree.com/テント図鑑/テント倉庫/)

貨物の一時保管倉庫として建てられたテント倉庫の事例です。貨物が頻繁に搬入・搬出することを見越して、開口部を3つ設置。スムーズな作業の流れができる動線がしっかりと引かれています。また、テント倉庫の開口部付近にトラックをつけることが多いため、衝突防止のポールも設置されています。

大型車駐車用テント倉庫の施工事例

千葉店装_事例写真
画像引用元:千葉店装公式サイト
(https://chibatenso.jimdofree.com/テント図鑑/テント倉庫/)

大型の作業車を駐車するスペースとして設置されたテント倉庫の事例です。開口部はカーテン式で大きく設けられています。膜材を使ったカーテンドアは非常に軽いため、手で開け閉めするのも容易です。オープン式の扉と比べると、多少セキュリティレベルも上がります。

荷捌場用上屋テントの施工事例

千葉店装_事例写真
画像引用元:千葉店装公式サイト
(https://chibatenso.jimdofree.com/テント図鑑/テント倉庫/)

保管倉庫に隣接する荷捌場にテント上屋を設置した事例です。テント上屋を導入する前の荷捌場は屋根がなかったので、雨天時は作業ができませんでした。しかし、テント上屋を設置したことで、天候に左右されずに荷捌作業をすることができることが可能に。作業効率も大きくアップしています。

テント倉庫の施工事例

千葉店装_事例写真
画像引用元:千葉店装公式サイト
(https://chibatenso.jimdofree.com/テント図鑑/テント倉庫/)

事例のテント倉庫は縦に長く、幅が狭いタイプ。形状からやや横風に弱いと考えられます。そのため、地面とテントをワイヤーで繋ぎ、補強をしているのでしょう。

テント倉庫の施工事例

千葉店装_事例写真
画像引用元:千葉店装公式サイト
(https://chibatenso.jimdofree.com/テント図鑑/テント倉庫/)

既存のテント倉庫に後付けという形で追加したテント倉庫の事例です。セキュリティの面を考慮し、入り口にシャッターを設置しています。テント倉庫にはいろいろなオプションがあり、入り口はスライド式、カーテン式、シャッター式などから選択可能です。

テント倉庫の施工事例

千葉店装_事例写真
画像引用元:千葉店装公式サイト
(https://chibatenso.jimdofree.com/テント図鑑/テント倉庫/)

開口部は観音開きのスライド式ドアを採用したテント倉庫の事例です。スライド式のドアと比較したとき、値段を重視するならカーテン式のほうが、セキュリティを考えるとスライド式のほうが良いでしょう。開口部は車が入れるほどの高さ。搬入・搬出の際に便利に使える仕様となっています。

富士産業株式会社

山口県に本社を構える富士産業株式会社は、ろ過布やフィルター、テント、シートなどの繊維商品を専門に扱っているメーカーです。自社工場を保有しているため、テント倉庫を設計から製作、施工まで自社で一貫して手がけられる強みをもっています。また、千葉県千葉市に関東営業所を設けており、日本全国に渡って営業活動を展開中。テント関連は、産業用のテント倉庫から一般用のイベント用テントまで、幅広いラインナップを取り揃えています。

千葉エリアの施工事例

テント倉庫の施工事例

富士産業株式会社_事例写真
画像引用元:富士産業株式会社公式サイト
(http://www.fujiind.co.jp/untitled13.html)

商品や資材を雨風などの気象条件から守ることができるため、保管倉庫として使われることが多いテント倉庫。それだけなら在来工法の倉庫と大差ありませんが、テント倉庫には「短工期かつ低コスト」という大きなメリットがあります。事例の倉庫も保管目的で建設された倉庫です。間口は2箇所設けられ、多少の雨風をしのげる庇が取り付けられています。

伸縮式テント倉庫の施工事例

富士産業株式会社_事例写真
画像引用元:富士産業株式会社公式サイト
(http://www.fujiind.co.jp/untitled13.html)

フレームをアコーディオンの様にジャバラに折りたためる構造の伸縮式テント倉庫です。フレームの足元にはレールが敷かれており、電動、または手動で折りたたむことができます。伸縮式テントなら、クレーンで倉庫の出入口まで長尺物や重量物を運ぶ必要はありません。フレームを折りたたんで車輛を寄せれば、搬入・搬出作業をスムーズに行えます。

オーニングテントの施工事例

富士産業株式会社_事例写真
画像引用元:富士産業株式会社公式サイト
(http://www.fujiind.co.jp/untitled13.html)

オーニングテントは店舗や一般の家などの日除けに多く使われるもの。事例のような可動式のオーニングテントが多く、日差しの差し具合によってテントを広げたり畳んだりします。オーニングテントに店名を印刷すれば、日よけをしながら看板としての役割も果たすのでおすすめ。カラーバリエーションも豊富なので試しに取り入れてみてはいかがでしょうか。

紫外線防止テントの施工事例

富士産業株式会社_事例写真
画像引用元:富士産業株式会社公式サイト
(http://www.fujiind.co.jp/untitled13.html)

事例のように、紫外線を避ける目的で建築物の中庭にテントを設置するケースもよくあること。日光の明るさを遮断するのはもったいないので、テントを細かく張って隙間をつくり、紫外線を遮りつつ採光も取れるような形で設置されています。

イベント用テントの施工事例

富士産業株式会社_事例写真
画像引用元:富士産業株式会社公式サイト
(http://www.fujiind.co.jp/untitled13.html)

運動会や春の交通安全週間などでよく見かけられるのがこちらのテント。風で飛ばされないよう、ポールは重量があるものが使われています。ポールが重たいので設置は一苦労ですが、そのぶん価格は安価。いろいろなシーンで活躍してくれます。

イベント用軽量テントの施工事例

富士産業株式会社_事例写真
画像引用元:富士産業株式会社公式サイト
(http://www.fujiind.co.jp/untitled13.html)

前者と同様イベント用のテントなのですが、こちらは誰でも簡単に設置ができるよう軽量に設計されているタイプ。したがって持ち運びも便利です。そのぶん、軽量なので横風などに煽られやすい傾向があります。

駐輪場用テントの施工事例

富士産業株式会社_事例写真
画像引用元:富士産業株式会社公式サイト
(http://www.fujiind.co.jp/untitled13.html)

駐車場・駐輪場の屋根としてテントを導入した事例です。このようにテント倉庫はさまざまな応用が可能。雨を気にすることなく移動できるように建物間にテントを設置したり、施設の外にある来客者の動線部分に雨避けとしてテントを設置したり、アイディア次第でテントの活躍の場をさらに広げられるでしょう。

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ