使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » システム建築とは » システム建築の倉庫が建てられる会社 » JFEシビル

JFEシビル

「JFEシビル」のシステム建築倉庫について紹介しています。会社の特徴や実績などをまとめました。

システム建築メーカー「JFEシビル」の特徴

JFEシビルは1966年にアメリカのシステム建築大手バトラー社と契約し、日本でシステム建築をはじめたパイオニアです。アメリカのトップメーカーであるバトラー社の優れた技術と鉄鋼大手であるJFEシビルの技術が合わさり、システム建築シーンで確固たるポジションを築き上げました。主要な商品は「メタルビル」。短納期・低価格で作れ、コストパフォーマンスに優れた商品です。工場・物流倉庫・スポーツ施設などさまざまな要望に応え、1600万平方メートルを超える施工実績があります。

キャッチアップと技術の高さが魅力

JFEシビルは建築に必要な資材を自社グループ内で製造できるため、最新の製品をすぐに導入できる強みがあります。建築技術や建築素材は日進月歩で進化するもので、調査・研究が欠かせません。それを可能にする優秀な技術者を数多く抱えているのも、JFEシビルの特徴です。

また、国内市場のニーズに合わせた技術開発も得意としています。杭と柱を一体化させてコストダウンと工期短縮が実現できる「キャップ式いちいち基礎工法」は、従来に比べ基礎の型枠工事や鉄筋工事にかかるコストを80%軽減。作業に入れる職人が不足している建築業界で、効率化の大きな武器となる技術力といえるでしょう。

優れた商品と技術の開発力が、JFEシビルを支える原動力です。

JFEシビルのシステム建築「メタルビル」とは

JFE シビルが全国展開するシステム建築「メタルビル」は、優れたポイントが数多くあります。

設計期間が短い

メタルビルで建築を行なう場合、屋根や壁などの建築資材はすべて決まったサイズで用意されているので、1から設計をする必要がなく設計期間が短くなります。設計期間は短いのですが、国土交通省から認定を受けた仕組みで安全性を持った設計を進めるので、問題になることはありません。

確認申請期間が短い

従来の建築と比べて、メタルビルは2ヶ月程度短縮して工事を進められます。一般的な建築では、建物の強度や使用する部材を計算して作る「構造計算書」が必要になりますが、メタルビル建築では不要。メタルビルは国土交通省からの「図書省略認定」を取得しているので、認定書と簡単なチェックシートだけで工事を進められるのです。

見積もりがすぐに確認できる

決まったサイズの部材を選ぶだけなので、部材ごとで定まった費用がかかるだけ。システム建築であるメタルビルの利点です。部材の種類と数がわかれば、すぐに明確な費用を知ることができます。工事をすぐにはじめたい場合に、見積もりで待たされることなくスムーズに進められるのが魅力です。

メンテナンス不要で費用を抑えられる

メタルビルで使う外壁や屋根は、丈夫で汚れに強い作りになっています。サビや塗装の変色も起きにくくなるようにさまざまな加工や適した素材が使われ、保守コストが低いのが特徴です。メンテナンスの費用をかけたくないという要望をかなえてくれます。

「JFEシビル」のシステム建築

倉庫として適応可の商品を箇条書きでまとめてみました。

メタルビル

大事な製品や素材の保管庫としての倉庫・物流施設に求められる要望にしっかり対応してくれるメタルビル。屋根システム・壁システムは、高い断熱効果によって安定した室内環境をキープ。構造システムにおいては、ニーブレースなど独自のフレーム接合形式でコストダウンを実現します。また、基礎システムでは施工費・材料費を軽減した高いコストパフォーマンスを発揮。さらに、建具システムには気密性・水密性の高い建具などを使用しています。

クイックメタル

すぐ建てたい方におすすめなのがクイックメタル。規格化されたユニットを選んで設計するため基本設計期間が短縮。国土交通省から認定された仕組みにより建物本体・基礎構造を設計するため、実施設計期間も短くなります。さらに、国土交通省からの認定書により安全な建物であることが証明されているため、適合判定が省略でき確認申請期間も短縮可能です。またクイックメタルは、部材すべてがキット化されておりスムーズに材料を生産できるため、短工期と省力化が可能となります。

見積もりを取る方法と注意点

見積もりの取得方法

見積もりを取る際の注意点

公式サイトでの見積もり依頼は、お問い合わせページに記載されているメールアドレスに必要事項を記入の上、送信。問い合わせ内容の記載と会社情報が必須となります。専用の問い合わせフォームなどはありません。

電話での見積もり依頼は、地域別に用意されている各支店別に連絡。受付は平日のみで、時間は9時から17時までです。時間外や年末年始・祝日は連絡が取れないので、アポイントメントや急な対応が必要な際は注意が必要。

会社情報

 会社名 JFEシビル株式会社
本社所在地 東京都台東区蔵前2‐17‐4(JFE蔵前ビル5F)
創立年 昭和47年1月11日
営業日 平日9:00~17:00
受付時間 平日9:00~17:00
問い合わせTEL 03‐3864‐3670(代表)
対応エリア 全国対応

★費用面と工期を考えると、システム建築の倉庫より高パフォーマンスを出せる「テント倉庫」という選択肢もあります。ビジネスプランに最適な工法を比較チェックしたい方は、ぜひこちらをご確認ください。→工法別・比較早見表を確認する

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ