使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
使える倉庫を建てたい会社の【倉庫建築工法】比較ガイド » 保管品別・倉庫の施工事例 » 自動車

公開日: |更新日:

自動車

自家用車や社用車などを保管しておくためのガレージ。ここでは、ガレージを建築したり利用したりする際の注意点、ガレージの施工事例などをご紹介しています。ガレージの設置をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ガレージの注意点をチェック

法令を遵守する

人の居住を目的としていないガレージですが、「土地に定着」し「屋根及び柱もしくは壁」を有する建物である以上、建築基準法によりガレージは建築物という扱いになります。また、ガレージの設置場所が都市計画区域内である場合、ガレージを建築する際には建築確認申請の手続きが必要となります。

設置するガレージの条件によって各種法令の縛りがあるため、事前に業者や役所で関連法規を確認の上、ガレージを建築しなければなりません。

換気対策をする

車の排ガスの中には一酸化炭素が含まれています。含有される一酸化炭素の量は微量ながら、長く吸い続けると命に関わる可能性もあるため、ガレージ内で車のメンテナンス等を行う方は、十分な換気対策を行うようにしましょう。

ガレージの換気対策としては、有圧換気扇や排気ダクトの設置が一般的。一酸化炭素検知器も設置しておけば、より安心でしょう。

直射日光が当たらないようにする

ガレージとは言え、設計や時間帯などによっては、車に直射日光が当たる可能性があります。強い日差しは車の塗装を酸化させて早期劣化を招いたり、車内を極端に乾燥させて老朽化を早めたりなど、様々な悪影響をもたらします。

ガレージを建てる際には、車を完全に直射日光から守る設計にすることが理想です。

【システム建築編】ガレージの施工事例

システム建築によるガレージの施工事例は見つかりませんでした。

【プレハブ建築編】ガレージの施工事例

プレハブ建築によるガレージの施工事例をご紹介します。

坂本鉄工建設

画像引用元:坂本鉄工建設公式HP(https://www.sakamotosteel.jp/case/%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%BB%8A%E5%BA%AB%E3%81%AE%E6%96%BD%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E4%BE%8B/)

依頼主の要望により、シャッター無しのオープンタイプのガレージを設置。ガレージ内での夜間の作業も多いことから、天井には照明を取り付けています。満足度の高いガレージを設置するためには、車の大きさや停める台数はもとより、用途を十分にヒアリングすることが大切とのこと。

【テント倉庫編】ガレージの施工事例

テント倉庫によるガレージの施工事例は見つかりませんでした。

ガレージの用途に合った設計・仕様

施工事例でご紹介した業者さんが言う通り、ガレージを作る際には用途を明確にすることが大事です。本来であれば直射日光が当たらない設計にすべきですが、ガレージ内で作業をすることが多いとのことから、あえて手間のかかるシャッターを無くして照明をたくさん設置したという事例です。

ガレージを設置する際には、改めて具体的な用途をイメージしてみるようおすすめします。

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ