使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » 保管品別・倉庫の施工事例 » 危険物倉庫

危険物倉庫

危険物倉庫は、どのような倉庫のことを指すかご存知でしょうか?危険物倉庫について知るためには、危険物がどの範囲のものかを把握しなくてはいけません。

ここでは、危険物倉庫の定義や法律上の危険物について紹介しています。倉庫の事例も合わせて掲載していますので参考にして下さい。

危険物倉庫の定義

倉庫と一口に言ってもその種類はさまざまで、一定の条件を満たした倉庫にしか保管できないものがあります。その代表と言われるものが危険物倉庫で、火災や爆発などの危険性がある物質は一般の倉庫では扱えません。

危険物の基準は「消防法」で決まっており、危険物を取り扱える施設についての定義が記されています。危険物が取り扱える施設は以下の3つです。

  1. 製造所
    危険物を製造するための施設
  2. 貯蔵所
    危険物を大きな指定数量倍数で扱う施設
  3. 取扱所
    危険物を小さな指定倍数で扱う施設(ガソリンスタンドや塗料店など)

製造所について

製造所とは、危険物を製造する目的で建てられた施設を指します。法律の基準が厳しく定められており、建物の設備や構造、配管が火災や爆発によるリスクを計算して設けられているのが特徴です。

貯蔵所について

3つの中でも、危険物倉庫は「貯蔵所」に該当します。危険物貯蔵所では資格を持った危険物取扱者を選任し、法律に従った消化設備の設置や数量の届け出が必要です。また各市町村の条例や規則によって申請内容が異なるケースもあるため、建築を検討している場合は、専門家や行政との協議を行ってから計画を立てる必要があります。

取扱所について

私たちが日常生活をする上で接することが多いのが「取扱所」です。危険物を容器で販売する塗料店(販売取扱所)やガソリンスタンド(給油取扱所)、ボイラー室(一般取扱所)、ポンプや配管で危険物を運ぶ施設(移送取扱所)などが該当します。

中でもガソリンスタンドは最も身近な施設ですが、給油スペースには間口10m以上、奥行き6m以上という規定があります。田舎や都心関係なく、どこのガソリンスタンドも広々と設計されているというのが理解できます。

危険物倉庫に保管できる危険物とは?

危険物においても消防法で定められており、以下のように分類されます。

第1類:酸化性固体

単品では燃焼しないが、反応すると強く酸化し熱や衝撃、摩擦により発火や爆発の危険があるもの。

(塩素酸塩類・過塩素酸塩類・無機過酸化物・亜塩素酸塩類・臭素酸塩類・硝酸塩類など)

第2類:可燃性固体

火災により引火しやすい物質、もしくは40℃未満の低温でも引火しやすい物質。

(硫化りん・赤りん・ 硫黄・鉄粉・金属粉・マグネシウムなど)

第3類:自然発火性物質及び禁水性物質

空気にさらされると自然発火する可能性がある個体や液体、または水に触れると発火や可燃性ガスをおこすもの。

(カリウム・ナトリウム・ アルキルアルミニウム・アルキルリチウム・黄りんなど)

第4類:引火性液体

アルコールや石油のように引火しやすい液体。

(特殊引火物・第一石油類・アルコール類・第二石油類・第三石油類・第四石油類・動植物油類など)

以上のような物質を保管する際には、法律にのっとった施設を建築する必要があります。

危険物倉庫の施工事例

危険物倉庫を扱っている会社の施工事例をピックアップしました。どんな倉庫があるのか、どのくらいの規模になるのか、ぜひ参考にして下さい。

郡リース株式会社

郡リース株式会社_危険物倉庫の施工事例 画像引用元:郡リース株式会社
(http://www.kohri.co.jp/works/20150625_000625.shtml)

万が一火災になった場合、周囲への引火を防止するため、倉庫の周辺は空き地になっています。危険物倉庫では、火災の消火活動のスペースに配慮した建築計画が必要不可欠です。

株式会社イプロス

株式会社イプロス_危険物倉庫の施工事例 画像引用元:株式会社イプロス
(https://www.ipros.jp/product/detail/2000382887/)

システム建築による、延べ床面積1,451m2の危険物倉庫です。倉庫の用途や規模によって、屋根や壁、構造を選択できます。こちらの事例では、外壁にスパンクリートを採用。防水性や耐火性にすぐれており、通常のコンクリートよりも軽量です。

株式会社 オオマチワールド

株式会社 オオマチワールド社_危険物倉庫の施工事例 画像引用元:株式会社 オオマチワールド
(https://www.omachi-world.co.jp/work/case35/)

3坪の危険物倉庫です。倉庫には取り扱い危険物の内容を表示する掲示板が設置されています。これまで目にしたことがある『火気厳禁』の掲示板も、地色や文字色が法律で決まっており、サイズは縦0.6×横0.3m以上という規定があります。

川田工業株式会社

川田工業株式会社_危険物倉庫の施工事例 画像引用元:川田工業株式会社
(https://www.sysken-kawada.jp/case/?id=1473817110-860347)

トラックから搬入・搬出できるシャッターが設置された危険物倉庫。日本において危険物の移動はトラックが主流で、空路の場合はテロ対策法による厳しい規制があります。陸路においても、毒物・劇物取締法などで規制されます。

株式会社松永建設

株式会社松永建設_危険物倉庫の施工事例 画像引用元:株式会社松永建設
(http://www.matsunaga.gr.jp/mkstorage)

指定数量倍数が1,850倍の危険物倉庫で、第四類にあたる危険物を保管しています。倉庫には避雷針や二酸化炭素消火設備、消火器、自動火災報知器を設置して、火災や爆発のリスクを低減しています。

危険品以外の化学製品を保管するならテント倉庫

危険物を保管するには、法律に則った倉庫であることが重要だということが分かりました。しかし危険物の指定数量によっては、一般的な倉庫での取り扱いが可能なのです。例えば、アルコールや石油など、一般家庭にも保管されていますね。危険物であるかどうかは、指定数量が鍵を握っています。

危険物の指定数量とは?

危険物倉庫は、指定数量を超えた量の危険物を取り扱うケースの施設です。指定数量が1/5であれば、『少量危険物』に分類されます。この場合、資格を持っていなくても取り扱いが可能になっており、「貯蔵庫の周りに1m以上の保有空地を作る」「消防署に届出を出した倉庫」という規定を守ることで保管が可能です。

危険物であっても1/5の量であれば、一般的な倉庫でも取り扱いができるということを覚えておきましょう。

太陽工業株式会社

太陽工業株式会社_危険物倉庫の施工事例 画像引用元:太陽工業株式会社
(https://www.taiyokogyo.co.jp/use_list/index.php/item?keyword=化学&cell003=倉庫・工場&cell004=固定式テント倉庫&name=某化学製品製造会社 様&id=168&label=1)

幅10m×奥行き24m×高さ4.9mの一般的なテント倉庫です。消防法による「貯蔵庫の周りに1m以上の保有空地を作る」という規定に則って作られているのが分かります。

太陽工業株式会社_危険物倉庫の施工事例 画像引用元:太陽工業株式会社
(https://www.taiyokogyo.co.jp/use_list/index.php/item?keyword=化学&cell003=倉庫・工場&cell004=固定式テント倉庫&name=某化学製品メーカー 様&id=161&label=1)

化学製品メーカーの倉庫を建築した事例です。屋根や外壁には準不燃膜材を採用し、万が一の事故に備えています。床にもコンクリートを使用して、引火によるリスクヘッジを行なっているのがポイントです。

太陽工業株式会社_危険物倉庫の施工事例 画像引用元:太陽工業株式会社
(https://www.taiyokogyo.co.jp/use_list/index.php/item?keyword=化学&cell003=倉庫・工場&cell004=固定式テント倉庫&name=水野化学工業株式会社 様&id=174&label=1)

太陽工業の代表的な固定式テント倉庫である「FLEX HOUSE-FIX」です。膜材においては日本でもパイオニア的な存在で、次々と新しい機能を持った膜材を展開しています。

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ