使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
使える倉庫を建てたい会社の【倉庫建築工法】比較ガイド » テント倉庫とは » テント倉庫が建てられる会社 » 今泉テント

今泉テント

このページでは、テント倉庫を始めとしてさまざまな膜構造建築物やテントシートを提供しているテント倉庫メーカー「今泉テント」について、詳しく解説しています。

テント倉庫メーカー「今泉テント」の特徴

多種多様なニーズに対応するテント

今泉テントでは、産業用テント倉庫や商業用テント施設など、さまざまなサイズや業界に応じた膜構造建築物を製造・開発しています。

また、日本国内だけでなく海外でのプロジェクトやテント倉庫施工についても実績を有しており、台湾やフィリピンといったアジア諸国を中心としながらグローバルスタンダードのサービス提供を行っていることが特徴です。

透光性や伸縮性を追求したテント素材

今泉テントでは、透光性や伸縮性を追求したテント生地を採用しています。これにより、照明装置がなくても倉庫内を明るく保てる環境や、地震や災害時にも倒壊しにくい膜構造建築物が実現。さらに耐久性を保ちつつ柱の本数を減らすことで、有用性と安全性の両方を同時に獲得できます。

また、豪雪地域での施工ノウハウも蓄積しているため、積雪テント倉庫を依頼したい会社にもおすすめです。

ワンストップサービスによる対応

テント生地の縫製やデザイン、鉄骨の製作など、テント倉庫の企画から施工に至るすべての工程を自社で一貫対応していることもポイントです。これにより、中間業者へ支払うコストを削減できる他、より顧客ニーズへ寄り添った対応を短期間で行えることは見逃せません。

施工後のメンテナンスや管理に関しても今泉テントへ依頼することができます。

今泉テントの施工事例

テント倉庫の施工事例1

今泉テント_施工事例 引用元:今泉テント公式サイト
http://imaizumitent.com/AP/ap2.html

災害廃棄物処理施設として宮城県気仙沼市に建設された大規模テント倉庫です。幅広の開口部で搬入・搬出を行いやすくしている他、内部に柱を使わない構造とすることで、広々とした空間を自由に利用することができます。

テント倉庫の施工事例2

今泉テント_施工事例 引用元:今泉テント公式サイト
http://imaizumitent.com/AP/ap2.html

宮城県柴田郡において、ヘリコプターの仮設格納庫として一時的に建設されたテント倉庫の事例です。積雪対策として勾配をつけた三角屋根をデザイニングしているうえ、全面カーテン式の開口部が機体の移動を邪魔しません。

テント倉庫の施工事例3

今泉テント_施工事例 引用元:今泉テント公式サイト
http://imaizumitent.com/AP/ap2.html

不燃性の膜材を採用した中温テント倉庫です。内部の室温を一定に保てるよう密閉性や換気性、保温性に優れた構造となっており、大空間ながら適切に常時管理されています。また内部は照明装置で明るく保たれています。

今泉テントの会社情報

会社名 今泉テント株式会社
本社所在地 新潟県長岡市滝谷町1917-5
創業・設立 創業:昭和43年04月
設立:昭和51年04月
受付時間 公式サイトに記載なし
定休日 公式サイトに記載なし
500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ