使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
使える倉庫を建てたい会社の【倉庫建築工法】比較ガイド » テント倉庫とは » 群馬エリアの施工に対応しているテント倉庫会社

群馬エリアの施工に対応しているテント倉庫会社

群馬エリアでテント倉庫の施工に対応している会社をリサーチ。取り扱っている倉庫建築サービスの特徴、施工事例などを紹介します。
当サイトで紹介しているテント倉庫会社の中から群馬エリア対応のテント倉庫建築の工期が短い会社をピックアップ。※2018年7月時点の調査情報を元にしています。

太陽工業

太陽工業の提供するテント倉庫は、庫内が非常に明るいのが特徴です。膜材はフッ素樹脂/ガラス繊維膜材料、PVC/ガラス繊維膜材料、PVC/合成繊維膜材料、膜構造用フィルムの4種類を用意。要望や用途にあわせて適切な膜材を採用しています。

フッ素樹脂/ガラス繊維膜材料はガラスとは異なり、柔らかな光を透過できるのが特徴。日中は庫内の明るさを保てるため、照明コストを抑えることが可能です。また、どの膜材も自重が軽いので、支持構造を合わせても建築費を安くできます。

また、膜構造建築物の企画から製造、施工までを一貫して対応している点も太陽工業の強みです。丈夫で軽い膜の特性を知り尽くしたエンジニア集団が、技術研究所にて膜構造の素材と技術の研究・開発を行っています。膜構造建築物の建築のみならず研究・開発や設計まで実施しているため、お客様の要望に合ったテント倉庫の提供ができるのです。

太陽工業のテント倉庫の施工事例

可燃物保管倉庫の事例

太陽工業の施工事例01_群馬
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/東港金属株式会社 様/?productscategory=172)

幅30m・長さ33m・高さ5mの固定式テント倉庫を4棟建築した事例です。太陽工業の固定式テントは円弧形状の屋根を採用しており、耐久性の高さが魅力となっています。間口は用途に応じて8m~30mまで設定でき、こちらの画像では一面に開口を2か所設けているでしょう。

総面積990m2の大きな倉庫であっても無柱空間を実現できるのも、独自の基本構造やさまざまな工夫によるものと言えるでしょう。また、倉庫上部にはルーフファンや吸気口も設置しています。

伸縮式テント倉庫の事例

太陽工業の施工事例02_群馬
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/機械工場 様/?productscategory=176)

総面積483m2の機械工場を伸縮式テント倉庫で建てた事例です。ポリエステルと塩化ビニール樹脂を使用した膜材を採用しており、防火2級といった高い耐火性を有しています。カラーは標準色であるライトグリーンを選択。他にもホワイト・クリームアイボリー・グレー・ブルーなど幅広いカラーラインナップを標準色として揃えているため、社のイメージカラーや理想のイメージに合わせて好きな色を選べるのも良いところです。

ライトグリーンの膜材は外からだと不透明に見えますが、庫内からは半透明に見えるため、外からの目を気にせず作業を行えます。

太陽工業公式HPで
見積もりを取る

山口産業

1972年の創業以来、テント倉庫や大規模なスポーツ施設、子どもたちが楽しめる遊具まで、幅広い膜構造建築物を手掛けている会社です。産業用テントに関してはテント倉庫をはじめ、テント上屋や伸縮式テント、固定移動式テントなどを展開しており、他の工法と比較して短工期・低コストを実現しています。

また、国土交通省告示667号に基づいた安全性の高い設計を徹底しているのも特徴で、オリジナル膜材であるダイナミックは他の膜材では実現できない優れた耐候性を誇るでしょう。さらにオプションも豊富に用意しており、換気扇や照明器具はもちろん窓や雨どい、大きな庇なども完備した快適なテント倉庫を建てています。

テント膜の寿命は約15年となっていますが、山口産業ではアフターサポートも自社で実施しているため、テント倉庫の品質を維持するためのサポートも期待できるでしょう。

山口産業のテント倉庫の施工事例

固定式テント倉庫の事例

山口産業の施工事例01_群馬
画像引用元:山口産業公式サイト
(https://membry.jp/project/出入口3か所付きテント倉庫/)

長さ40.95mの側面に出入口を3か所設けた固定式テント倉庫の事例です。収納物を3種類別々に搬入出するというお客様の要望を受け、桁側3等分の位置にハンガードアを設置しています。

庫内は無柱空間が広がっており、天井の柱と同じスパンで吊り照明を設置。天井を二重膜にしているため耐久性が高く、災害が発生しても照明器具が落ちてくる心配はほぼありません。また、出入口の扉を開放すれば採光性も高められるため、ランニングコストの削減にも繋がります。

テント倉庫+荷捌き場の事例

山口産業の施工事例02_群馬
画像引用元:山口産業公式サイト
(https://membry.jp/project/テント倉庫+荷捌き場新築/)

商品の出荷や庫内の荷物の移動をスムーズにしたいという希望から、テント倉庫と荷捌き場の2棟を建築。テント倉庫の出入り口には庇を設け、車両の出入りだけでなくスムーズな作業も可能としています。荷捌き場は膜屋根と支持構造のみのシンプルな造りでありながら、高い耐久性を有しているのが特徴です。

また、テント倉庫も荷捌き場も切妻屋根を採用しているので、作業員に雨が当たらないよう軒を長めに取るなどの工夫を凝らしています。

山口産業公式HPで
見積もりを取る

武シート前橋

群馬県前橋市に本社を構える武シート前橋は、1924年の創業以来テントシートに関わる製品を提供し続けている実績豊富な会社です。商品ラインナップは法人向けのシート倉庫や野外テント施設から個人向けのデザインテントやオーニングまで幅広く、お客様のあらゆる要望に対応できます。

法人向けのテント倉庫においては、突然のスペースの確保や短期間の使用などに最適です。テント素材は柔軟性に優れており、変形地や狭小地でも比較的容易に対処できます。テントシート製品はデザインから鉄骨加工・裁縫加工まで自社で実施しているため、他のメーカーには無い色合いや質感のシートにも対応可能です。

間仕切りシートの場合は、紫外線カット・防虫・ほこり除け・遮音効果など使用箇所によって生地を選択できます。そのため、利便性だけでなくデザイン性も兼ね備えた施設を求める人にもおすすめです。

武シート前橋のテント倉庫の施工事例

武シート前橋公式HPにはテント倉庫の施工事例が掲載されていませんでした。そのため、そのほかのテント商品の施工事例を参考として紹介します。

デザインテントの事例

武シート前橋の施工事例01_群馬
画像引用元:武シート前橋公式サイト
(http://t-sheet.net/publics/index/10/detail=1/c_id=43/page43=2#page10_43_12)

フラットな外壁に設置された丸みのあるデザインテントは、日除けや雨や雪の吹き込みを防ぐ効果とともに店舗の看板としても活用できます。曲面を取り入れているのでデザイン性も高く、店舗そのものもおしゃれなイメージを持たせられるでしょう。

テントの色味は外壁に限りなく近付けられるよう、オーダーメイドで製作。光沢感は控えめにし、シックで落ち着いた雰囲気を演出しています。店舗などで雨除けスペースを確保したい、西日の差し込みを抑えたいという人にも向いています。

休憩所用テントの施工事例

武シート前橋の施工事例02_群馬
画像引用元:武シート前橋公式サイト
(http://t-sheet.net/publics/index/10/detail=1/c_id=37/page37=3#page10_37_3)

公園内の休憩所として建てられたテント施設の事例です。日よけや雨除けとして使用されるテント素材を使用しているだけでなく、設置が非常に簡単で短期間での引き渡しを可能としています。メンテナンスも簡単なので、美しい状態を維持できるのも良いところでしょう。

また、フラットな屋根をではなくポップなデザインを採用していたり、グリーンとアイボリーのツートンカラーを使用しているのも、子どもたちの笑顔が溢れる公園というシーンに合っています。

武シート前橋公式HPで
見積もりを取る

一富士

一富士はテント倉庫や住宅用テント・店舗用テントのみならず、カーテン・インテリア販売や旗・のれん・のぼりを扱っている会社です。内装コーディネートや外装コーディネートも行う会社のため、優れたデザイン性を引き出す提案が期待できるでしょう。

テント倉庫においては、固定式テント倉庫と伸縮式テント倉庫の2種類をメインに扱っています。固定式テント倉庫はテント膜と鉄骨フレームだけで建てるシンプルな造りのため、リーズナブルかつ短工期で建築可能です。テント素材を知り尽くした職人が在籍しており、お客様の要望に合わせて最適なデザインや素材を提案できます。用途に応じたプランの提案も可能で、各種オプションにも対応しているので、「こんなテント倉庫に仕上げたい!」という要望を叶えてもらえること間違いありません。

また、テント倉庫の設置だけでなく張替えやメンテナンスも自社で行っており、建築後も品質の維持をサポートしてもらえます。

一富士のテント倉庫の施工事例

固定式テント倉庫の事例

一富士の施工事例01_群馬
画像引用元:一富士公式サイト
(http://01fuji.jp/publics/index/66/)

モスグリーン1色でまとめた落ち着きのあるデザインテントの事例です。切妻屋根の頂点には給気口が設けられており、常にクリーンな空気を庫内に供給できます。また、側面には窓が3つ設置されているので空気の流れも良いうえ、作業をしている手元に柔らかな光を取り込めるでしょう。

倉庫の窓を高い位置に設置するケースが多いですが、荷物によっては日焼けしてしまう恐れがあります。そのため、何を保管するかによって窓の位置を決めるのもポイントです。

伸縮式テント倉庫の事例

一富士の施工事例02_群馬
画像引用元:一富士公式サイト
(http://01fuji.jp/publics/index/66/)

仮設倉庫や資材置き場、簡易クリーンブースや臨時通路などに最適な伸縮式テント倉庫の事例です。こちらは「たためーる君」という商品で、本体底面にキャスターを取り付けているので好きなところに設置・移動できるなど、伸縮式テント倉庫と移動式テント倉庫のメリットを併せ持っています。シートのカラーも豊富ですし、透明・半透明・不透明などの選択も可能です。

伸縮時は機械を必要とせず、人手で簡単に動かせます。使用しない場合は畳むことでコンパクトなサイズになるため、倉庫そのものの保管場所にも困りません。

一富士公式HPで
見積もりを取る

幕張工業

幕張工業はテント倉庫の取扱業者として、さまざまなクライアント企業のニーズへ応えられるようオーダーメイドのテント生地やテント倉庫を提案しています。設計から施工まで、テント倉庫の建築に関するすべての工程を自社で一貫対応できるほか、設計日から1年間の製品保証を用意し、小規模なテント倉庫から大規模なものまで立地環境や使用目的を予算に合わせてプランニングしてくれることも特徴です。

テント倉庫に関する専門サイト「テント倉庫.com」を運営しており、初めてテント倉庫を導入する企業や団体にとって有益な情報を提供していることもポイントです。

幕張工業のテント倉庫の施工事例

大型テント倉庫の事例

幕張工業の施工事例01_群馬
画像引用元:幕張工業公式サイト
(https://tentsoko.com/2016/03/620/)

群馬県高崎市に新設されたテント倉庫であり、間口15.4m×奥行34.4m×軒高6.0mという大型のものとなっています。正面にある開口扉も4m×4mと広々としており、さらに天井にはベンチレーターを2か所設けるなど、機能性や利便性を追求した設計が施されています。

大型テント倉庫の事例

幕張工業の施工事例02_群馬
画像引用元:幕張工業公式サイト
(https://tentsoko.com/2016/04/1158/)

群馬県甘楽郡甘楽町において、大型倉庫として新築されたテント倉庫であり、設計から施工まで幕張工業が一貫対応した事例です。サイズは間口15m×奥行17m×軒高4m、使用されているテントシートは5MRのアイボリーで、正面の入り口が2か所となっていることも特徴です。

幕張工業公式HPで
見積もりを取る

グローバルタイガー

関東や東北を拠点としながら、日本全国を施工エリアとしてテント倉庫や一般倉庫を取り扱っている建築会社です。創業以来、テント倉庫一筋で40年以上も業務を続けながら、基礎工事から資材の加工、テントシートの縫製、さらに現場での施工まで自社一貫体制を整えています。そのため、仲介業者を使う必要がなく、コスト削減や工期短縮といった工夫を追求できることは魅力です。

また、施工後のメンテナンスや修理といったアフターサービスにも力を入れており、万が一の際だけでなく、増設や移設に関しても自社製品として責任を持って対応してもらえます。

グローバルタイガーのテント倉庫の施工事例

建築資材保管用倉庫の事例

グローバルタイガーの施工事例01_群馬
画像引用元:グローバルタイガー公式サイト
(http://www.globaltiger.co.jp/casestudies/)

群馬県伊勢崎市において施工された、グリーンの上屋テント倉庫の事例です。間口22m×奥行60m×軒高70mという大規模テント倉庫となっているうえ、天井シートと同色の柱はそれぞれの間隔を広く取ることで、大型の車両や重機もスムーズに搬入・搬出作業を実施できます。

大型機械整備場の事例

グローバルタイガーの施工事例02_群馬
画像引用元:グローバルタイガー公式サイト
(http://www.globaltiger.co.jp/casestudies/)

透光性に優れたクリーム色のシートを持つ、ジャバラ式テント倉庫の施工事例です。基本サイズは間口8m×奥行10m×軒高4mとなっていますが、キャスター付きのジャバラ構造を採用することで、使用目的やタイミングに合わせてテントのサイズをスムーズに変更できることがポイントです。

グローバルタイガー公式HPで
見積もりを取る

ビガートレーディング

栃木県宇都宮市にある本社のほか、群馬県前橋市や東京にも事業拠点を展開している建築業者であり、創業から10年以上にわたってテント倉庫の専門会社としてテントシートの縫製加工やフレーム製作、大型テントの設置などを行っています。

また、建設業許可を取得しており、現地調査から企画・設計、さらにプランに沿った施工まで、テント倉庫の設置に関する工程を自社一貫対応できることも特徴です。

生産業や工業向けのテント倉庫だけでなく、オフィスや店舗としてのテント、さらにはバイクや車両用のテントガレージなどにも広く対応しています。

ビガートレーディングのテント倉庫の施工事例

入口全面両開きカーテン式テント倉庫の事例

ビガートレーディングの施工事例01_群馬
画像引用元:ビガートレーディング公式サイト
(http://tent-sheet.com/work-blog/テント倉庫の新設(ワンストップサービス)/)

群馬県桐生市で新設された、テント倉庫の施工事例です。積雪にも耐えられるよう耐久性や耐候性にもこだわられており、基礎工事から施工までビガートレーディングが一貫対応しました。入り口は両方向へ完全に開く設計になっており、スムーズな搬出入作業を可能にしていることも特徴です。

荷捌き用テント上屋の事例

ビガートレーディングの施工事例02_群馬
画像引用元:ビガートレーディング公式サイト
(http://tent-sheet.com/work-blog/荷捌き用テント上屋新築工事(建築確認申請)/)

工場の荷さばき用スペースとして、既存の工場へ隣接する形で設置された大型の上屋テントです。当初の希望はW10m×L20m×H5mというサイズでしたが、ビガートレーディングが既存の敷地図や建築図などを確認し、役所や消防署とも協議しながら実際に建築可能なサイズを設計しました。

ビガートレーディング公式HPで
見積もりを取る

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ