使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
使える倉庫を建てたい会社の【倉庫建築工法】比較ガイド » 保管品別・倉庫の施工事例 » 食品

食品

食品類を保管するための倉庫について、実際の施工事例を紹介しています。

システム建築倉庫、プレハブ建築倉庫、テント倉庫の3種類に分けて掲載。それぞれの事例については、施工会社やシリーズ名、倉庫画像とともに、規模や構造材、施工場所といった詳細もわかる範囲でまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

食品保管倉庫の注意点をチェック

保管する食品の温度帯

食品保管倉庫の場合、保管する食品によって室内温度を調節する必要があります。温度に関する設備・機能を備えた倉庫には、たとえば、さまざまな食品製品・商品原料に対応できるよう保管階層を分けて4温度帯保管ができるようにした倉庫や、保管品の特性に合わせて搬入出経路を分離した倉庫などがあります。

食品保管倉庫を建てる際には、保管する食品の品質保持に最大限配慮できるものを検討するのがよいでしょう。

在庫管理のしやすい設計

倉庫を建築した後、食品保管倉庫の運用についてですが、温度管理と同じく大切となるのが在庫管理。どこに、どの食品の、どれくらいの在庫があるのか?というのを常に把握しておくことが重要となります。そうしないと、適正在庫よりも多く発注をかけてしまう、不良在庫を残してしまうことにもつながってしまいます。

また、食品保管倉庫では「先入れ・先出し」が基本です。食品には消費期限・賞味期限があり、とくに生鮮食品の場合は期限を過ぎないよう十分に気を付けなければなりません。消費期限・賞味期限が過ぎて棄てるしかなくなった…ということを避けるためにも、先に入れた食品を先に出していく、というルールを徹底しましょう。

【システム建築編】食品保管倉庫の施工事例

システム建築タイプの食品保管倉庫の施工事例をチェックしてみましょう。

コアシス建築

コアシス建築_食品倉庫の施工事例 画像引用元:コアシス建築公式HP
(http://www.core-system.co.jp/performance/469/)

原料保管庫・解凍倉庫として建築された倉庫です。用途によって、自由に使える用途での利用に対応している倉庫です。

横河システム建築

横河システム建築_食品倉庫の施工事例 画像引用元:横河システム建築
(http://www.yokogawa-yess.co.jp/archives/production/6376)

室内柱を一箇所配置したカスタムタイプは、柱位置を工夫することで広いスペースの確保しています。広い空間で生鮮食品の保管・管理を行えるように作られた倉庫です。

【プレハブ建築編】食品保管倉庫の施工事例

プレハブ建築タイプの食品保管倉庫の施工事例を見てみましょう。

郡リース

郡リース_食品保管倉庫の施工事例 画像引用元:郡リース公式HP
(http://www.kohri.co.jp/works/20100930_000522.shtml)

米用の低温倉庫です。大型の機械や低温空調も配置されていることから、さまざまな品目保管の対応を可能にしている倉庫です。

【テント倉庫編】食品保管倉庫の施工事例

テント倉庫タイプの食品保管倉庫の施工事例です。

太陽工業

太陽工業_食品保管倉庫の施工事例 画像引用元:太陽工業公式HP
(https://www.tentsouko.com/achievement/315/?productscategory=172)

屋根材・外壁材ともにSMX-Kを採用している米の保管倉庫です。広々としていることから、大容量の保管が可能です。

また、太陽工業はさまざまななテント倉庫がラインナップされていますので、状況・ニーズに応じたテント倉庫の設営が可能であることが伺えます。

有限会社満天

満天_食品保管倉庫の施工事例 画像引用元:有限会社満天 本社公式HP
(https://kensetsu.ipros.jp/product/detail/2000277744)

野菜を保冷するための保冷庫。断熱材にもなるアルミ素材の保冷シートを使い、倉庫内に間仕切りをしてその中にクーラーを設置。室内の保冷効果をアップさせ、野菜の鮮度保持や電気代カットにも貢献します。

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ