使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » プレハブ建築とは » レンタル・リースできるプレハブ倉庫

レンタル・リースできるプレハブ倉庫

プレハブ倉庫のレンタルとリース契約の違いは?

レンタルとリース契約には、次のような違いがあります。どちらにもメリット・デメリットがあるため、予算や使用目的に合わせて契約を結びましょう。

レンタル リース
契約期間の目安 1~90日 半年~1年
途中解約 可能(※条件次第) 不可
経費処理 会社による 可能
金額 安い 高い
使用目的 イベントや一時保管 中長期保管

【番外編】レンタル・リースできるテント倉庫をチェック

レンタル・リース対応のプレハブ倉庫業者3選

一時的に在庫や資材を保管できる場所を探している企業に向けて、レンタルできるプレハブ倉庫とリース契約できるプレハブ倉庫を取り扱っている会社を3社紹介しています。

三協フロンテア

三協フロンテアの施工写真
引用元:三協フロンテア(http://www.sankyofrontier.com/unithouse/product/panda/)

1日からレンタルできるユニットハウス(プレハブ)を用意

三協フロンテアは1969年の創業以来、イベント施設や倉庫、仮設住宅などの用途で利用できるユニットハウス(プレハブ)を提供し続けてきた歴史があります。レンタルサービスのコンセプトは産業廃棄物を減らすこと。必要なタイミングで設置・撤去でき、簡単に持ち運べる簡易的なユニットハウス(プレハブ)を提供しています。

三協フロンテアが提供しているレンタルプレハブ倉庫

レンタルサービスの対象商品の中でとくに注目を集めているのは、コンパクトなpanda(パンダ)シリーズのプレハブ倉庫。最小は1.07坪サイズ・440kgで、190,000円からとなっています。外壁はガルバリウム鋼板を採用しており、一般的なプレハブ倉庫よりも耐久性は高め。100cmの積雪量に耐えられる仕様となっているそうです。シャッター部分はサビにくいメッキ塗装が施された鋼板が使用されています。

三協フロンテアのプレハブ倉庫リース

三協フロンテアには、リース契約の対象となるプレハブ倉庫がありませんでした。その代わり、レンタル倉庫にかかった費用を経費として精算することが可能だそうです。固定資産税もかからないため、小規模の仮設倉庫を探している人にぴったりのサービスだと言えるでしょう。

公式サイトでレンタル・リース情報を
詳しく見る

基本情報

所在地 本社:千葉県柏市新十余二5番地
札幌支店:北海道札幌市中央区大通東7-12 ノースシティーテクノビル5F
仙台支店:宮城県名取市増田字柳田198-1
東京支店:東京都千代田区神田須田町2-3-1 NBF神田須田町ビル2F
さいたま支店:埼玉県さいたま市岩槻区城南1-3-26
千葉支店:千葉県千葉市稲毛区園生町457番12
横浜支店:神奈川県横浜市中区弁天通4-52 ナインティー横浜ビル5F
大阪支店:大阪府大阪市中央区瓦町3-4-7 KCビルディング5F
名古屋支店:愛知県名古屋市千種区茶屋が坂1-9-25 2F
福岡支店:福岡県福岡市博多区半道橋2-4-17
休日 要問合せ
営業時間 10:00~17:00
電話番号 代表:04-7133-6666
札幌支店:011-219-3131
仙台支店:022-383-3156
東京支店:03-5297-7850
さいたま支店:048-798-8631
千葉支店:043-290-1110
横浜支店:050-5527-6181
大阪支店:06-6227-0081
名古屋支店:052-725-3550
福岡支店:092-477-8730
施工エリア 全国
公式サイト http://www.sankyofrontier.com/

SPACE CREAT(スペースクリエイト)

SPACE CREATEの施工写真
引用元:SPACE CREATE(https://spacecreate.jp/service/rental/unit/)

中古ユニットハウス(プレハブ)の販売・買取会社

SPACE CREAT(スペースクリエイト)は、中古のユニットハウス(プレハブ)の販売を中心に行っている会社です。現在の対応エリアは大阪のみですが、直営店やフランチャイズ店の協力を得て少しずつ対応エリアを広げています。中古ユニットハウスのほか、移設しやすいプレハブ倉庫や事務所、イベント用の仮設トイレなども提供中。レンタルできるプレハブ倉庫は1~5坪の小規模なものが多いそうです。

SPACE CREAT(スペースクリエイト)が提供しているレンタルプレハブ倉庫

最小サイズは1.3坪タイプのプレハブ。3か月からレンタル可能です。レンタル価格は1か月あたり12,000円から。倉庫の種類によって異なりますが、管理費は15,000円前後、倉庫の納品・引取にかかる運搬費用は53,000円が目安です。1.3坪タイプの倉庫を半年レンタルする想定で計算すると、導入コストの目安は140,000円になります。

SPACE CREATEのプレハブ倉庫リース

SPACE CREAT(スペースクリエイト)には、リース契約の対象となるプレハブ倉庫がありませんでした。

公式サイトでレンタル・リース情報を
詳しく見る

基本情報

所在地 美原センター(工場):大阪府堺市美原区木材通4-6-17
堺展示場:大阪府堺市美原区北余部192番地
休日 日祝
営業時間 9:00〜17:00
電話番号 美原センター(工場):072-289-9610
堺展示場:072-284-7888
施工エリア 大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山(※エリアによって運搬費が異なります)
公式サイト https://spacecreate.jp/

東京ハウジング

東京ハウジングの施工写真
引用元:東京ハウジング(http://www.tokyo-prefab.net/lease/prefab_lease_warehouse.html)

プレハブのレンタル・リースを手掛ける老舗

東京ハウジングは1964年創業のプレハブ総合建築会社です。もともと倉庫や事務所、作業場や小型住宅などで使えるプレハブ建築物を提供しており、最近はプレハブのレンタル・リース・中古販売などの新たなサービスを展開しています。

東京ハウジングが提供しているレンタルプレハブ倉庫

東京ハウジングのレンタルサービスでは、約30坪のプレハブ倉庫を3タイプ用意。軒高は平屋(3,090mm)と2階建て(6,090mm)から選べます。

費用を抑えつつ短期間で倉庫を手に入れたい人は、基礎工事なしの「FAスタンダード」がおすすめです。外壁はガルバリウム鋼板、内壁はベニヤ合板を使用しているため、ベニヤオンリーのプレハブ倉庫寄りも頑丈。オプションにて、シャッターや換気扇などを取り付けることもできます。ただし、東京ハウジングのレンタル倉庫は数が限られており、倉庫を使用したい期間にレンタルできない可能性もあるそうです。レンタルを検討している方は、事前にレンタル倉庫の在庫を確認しておいたほうが良いでしょう。

東京ハウジングが提供しているレンタルプレハブ倉庫

東京ハウジングは、1年以内の利用がお得なリースサービスを用意しています。リース契約は経費として処理できるほか、解体撤去処分費や固定資産税が発生しません(1年以内の場合)。また、東京ハウジングでは倉庫と合わせてエアコンやロッカー、椅子や机などもリースできるそうです。金額は倉庫のサイズやリース期間によって異なります。

公式サイトでレンタル・リース情報を
詳しく見る

基本情報

所在地 東京都調布市小島町2-40-10
休日 要問合せ
営業時間 要問合せ
電話番号 0120-2828-87
施工エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉の全域、茨城、静岡、山梨、栃木の一部
公式サイト http://www.tokyo-prefab.net/
500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ