使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » システム建築とは » システム建築倉庫の費用

システム建築倉庫の費用

システム建築倉庫の費用相場や坪単価などについて紹介しているページです。倉庫の建築を考えていて、システム建築に興味のある方はぜひ確認してみてくださいね。

システム建築倉庫の費用相場

システム建築で倉庫を建てる場合の費用ですが、建築条件によって大きく異なってくるため、相場を出すのは難しいというのが実情です。

参考までに、ある建築会社のホームページに参考価格が掲載されていたのでご紹介しましょう。システム建築倉庫・テント倉庫・プレハブ建築倉庫の価格が比較できるようになっていたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

11.7m×18m×5m(210.6m2)の価格比較

18m×30.6m×5m(894.24m2)の価格比較

※間口×奥行×軒高(面積)

上記は、あくまでも参考価格です。建てるエリアによって異なってくるほか、建物の仕様によっても変わるでしょう。どんな外装にするのか?主構造はどうするか?断熱材や建具はどうか?など、細かなところの設定で大きく変動していきます。

また、選ぶ会社によってももちろん違いが出るでしょう。いくつかの会社に見積もりを依頼して比較検討することがおすすめです。倉庫のサイズや地域などを入力することで参考価格をチェックできるページを設けている会社もあったので、そういったサービスを利用してみるのもよいかもしれません。

従来工法の場合

従来の工法による倉庫建築にかかる費用は、坪単価や建築条件によって大きく変わってしまいます。また、建築形状や構造、屋根材・外壁材といった資材の使用に制限がなく、自由度が高いため一概に費用相場を表すことができません。従来の工法で倉庫を建築する際には、自身の求めているサービスを提供している施工会社を見つけ出して、一応概算を見積もる必要があります。その後、施工会社とすり合わせしながら費用を確定するので、費用を算出までにある程度時間がかかるのが一般的です。

システム建築の場合

システム建築で倉庫を建築する場合は、従来の工法に比べて25%ほどコストが抑えられると言われています。しかし、システム建築も従来の工法同様に坪単価や建物の構造によって費用がバラバラです。ただ、使用する資材を標準化して新たに資材を製造する必要がなく、建築にかかる生産プロセスがシステム化され、効率良く倉庫建築を実現しています。また、標準化された資材を使用するため、概算費用を算出するのにかかる時間が従来の工法よりも短いが特徴です。

標準工事に含まれていないものは?

倉庫建築の際、標準工事に含まれない費用があります。例えば電気や上下水道の接続、確認申請費用、図面作成費用は、通常の施工工事に含まれないケースが多いようです。また、空調やセキュリティといったオプションをたくさん付けるほど建築にかかるコストは膨らみます。倉庫建築にかかるコストを全て算出した後で、「電気や水道などの設備を導入するならもっと費用が必要…」とならないために、坪単価以外の費用も頭に入れたうえで見積もりを取り、具体的にかかる費用について確認しましょう。

業者が公開する工場倉庫の主な坪単価は?

一般的な業者が公開している工場倉庫の建設にかかる坪単価は、1,000平方メートル以上のローコスト鉄骨造の倉庫だった場合、1坪12~13万円ほどです。内装工事や外装工事、電気、上下水道といった設備費・建築申請費用は含まれていません。このオプションが含んだ場合、坪単価は14~16万円となります。

倉庫建築にかかる具体的な費用を知るには?

倉庫建築で必要になるコストを把握するためには、建築経験や実績が豊富な施工会社に問い合わせるのが一番。その際、標準工事だけの見積もりだけではなく、内装・外装工事や電気・上下水道の設置などのオプションにかかる費用の確認も行うことが大切です。会社によって得意とする施工が異なっているので、公式HPの施工事例をチェックして求めている倉庫を建築している会社を見つけましょう。

システム建築倉庫の種類

組み立てハウス

あらかじめ工場で製造した部材を現場で組み立てる「組み立てハウス」。現場から材料を手配する必要がなく標準化されているため、手間を省けます。現場作業の軽減を実現しており、工期を大幅に短縮できます。建築に必要な部品を大量生産して、現場作業員・工期を省略化することによって、建築にかかるコストをトータル的に削減。

組み立てハウスは、柱と梁を接合して地震や長期荷重にも耐えるブレース構造を採用しています。組み立てに使用する鉄骨は標準化・規格化され、クオリティのバラつきがないように工場で生産されているため、現場で組み立てる作業員の技術に左右されない高品質な施工が可能です。

また、組み立てハウスは、均一仕様のスタンダードタイプやニーズに合わせたオーダータイプがあり、用途に応じてさまざまなバリエーションの施工も可能です。例えば、柱と梁の距離変更や軒高の調整といった細かい部分まで注文ができます。倉庫で保管する物のサイズに合わせて調整できるのが組み立てハウスの魅力と言えるでしょう。すでに組み立てられたユニットハウスには搬入できないほど大きな商品・資材を保管したい方におすすめです。

ユニットハウス

大部分を工場で施工し、現場では設置するだけのユニットハウス。必要な部材が充実している工場で既に半分以上造られているため、高いクオリティを保障された工法です。ユニットハウスは組み立てハウスよりも現場での作業を省略化しています。内装や照明・コンセントといった電気設備も工場で組み込まれた状態で出荷されるので、ある程度のコストを抑えつつ工期を短縮して倉庫を建築できます。折りたたむこともできるため、工場から現場へトラックで楽に運搬できるのも特徴です。

また、一定サイズのボックス型の倉庫を横に複数つなぎ合わせることで、大量の商品・資材でも保管できる倉庫が建築できます。縦に組み合わせて2階建ての倉庫にすることもでき、組み合わせたユニットハウスは、それぞれが独立しているので増設・解体・移設が容易です。キッチンやトイレといった設備の設置にも対応できるのも魅力と言えるでしょう。

費用に含まれるもの・含まれないもの

見積もりを出してもらったら、その費用の中に含まれている項目の詳細についてもしっかり確認しておきましょう。

図面作成費、電気や上下水道の接続費用、確認申請に要する費用などが含まれていないケースも多くあります。

「認識していなかった費用が追加されている…」なんてトラブルを招かないためにも、しっかりと費用の項目は把握しておく必要があります。

設計の自由度が高く強度と耐久性に優れている

システム建築倉庫は、さまざまなニーズに応えられるように、組み立てハウスタイプとユニットハウスタイプの2工法があり、用途に合わせて自由に設計できます。さらに、強度や耐久性に優れているのも特徴です。

在来工法よりは低コスト・短工期で建築できますが、テント倉庫やプレハブ建築に比べると多額の費用と長時間の工期が必要となります。初期費用を抑えつつすぐに倉庫を建てたい場合は、テント倉庫・プレハブ建築を検討してみてはいかがでしょうか。倉庫を維持するコストを抑えたいと考えている方には、テント倉庫がおすすめです。テント倉庫であれば手軽に修繕でき、日中は室内が明るいので、メンテナンス・電気代といったランニングコストを軽減できるでしょう。

工法別・比較早見表を詳しくチェック

組んだ骨組みの上から膜材を張るシンプルな構造のテント倉庫。軽くて設置しやすいため、イベントの仮設テントやスポーツの練習場など、急きょ必要となった時に雨風をしのぐスペースとしてすぐに設置できます。折りたたみ式やジャバラ式といったタイプのテント倉庫があり、短い工期での設置が可能です。また、テント倉庫で使用されている膜材は採光性が高く一定の明るさを保てるので、電気代をカットできます。

ここでは、実際のテント倉庫にかかる費用相場や見積もり例、テント倉庫が建てられる会社をまとめました。

テント倉庫にかかる費用を見てみる

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ