使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
使える倉庫を建てたい会社の【倉庫建築工法】比較ガイド » テント倉庫とは » 秋田エリアの施工に対応しているテント倉庫会社

秋田エリアの施工に対応しているテント倉庫会社

秋田エリアでテント倉庫の施工に対応している会社をリサーチ。取り扱っている倉庫建築サービスの特徴、施工事例などを紹介します。
当サイトで紹介しているテント倉庫会社の中から秋田エリア対応のテント倉庫建築の工期が短い会社をピックアップ。※2018年7月時点の調査情報を元にしています。

太陽工業

年間700件以上の施工実績を有する太陽工業。多種多様なラインナップのなかから、顧客のニーズに合わせて最適な商品を提案してくれます。倉庫が稼働したあとのこと考えた提案力、研究・開発によって生まれた高品質な素材、そして依頼主の立場になって対応してくれるスタッフのサービス力が強みです。

アフターフォローにも力を入れており、安心して倉庫を利用できる体制を整備。いつ起こるかわからない自然災害や経年劣化といったリスクからテント倉庫を守ってくれます。

提供されるテント倉庫のブランドはフレックスハウス。このブランドは長年研究を積み重ねてきた膜材料を使用しています。なかでも革新的と言われる「酸化チタン光触媒コーティング膜」は防汚性能に優れています。大切な品物の品質を守るのにも一役買ってくれるでしょう。

また、同時に照明のランニングコストの低減やテント内の温度上昇を和らげるといったメリットもあります。これは倉庫を管理する上で重要な要素になるものです。

太陽工業のテント倉庫の施工事例

固定式テント倉庫の事例

太陽工業の施工事例01_秋田
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/某物流倉庫 様/?productscategory=172)

こちらは北海道にて建てられた、固定式テント倉庫の事例です。用途は飼料倉庫で、オプションとして照明・換気・消防設備が取り付けられています。太陽工業の固定式テント倉庫は、建築コスト削減と保管品質の向上を目指して開発された商品。間口8mから30mまでで、使用用途にあわせて選ぶことができます。

また、多雪地域に適しているのも魅力。秋田は積雪が多い地域ですから、雪の重圧や寒さに備えなくてはいけません。太陽工業の固定式テント倉庫は多雪地域向け仕様も用意されており、雪が積もりにくい屋根、横からの雪の圧力に負けない構造、氷点下でも設計強度を維持できる強さを有しています。

大型固定式テント倉庫の事例

太陽工業の施工事例02_秋田
画像引用元:太陽工業公式サイト
(https://www.tentsouko.com/achievement/某機械メーカー 様/?productscategory=174)

こちらは愛知県に設置された大型固定式テント倉庫の事例です。オプションにはシートシャッター・ルーフファン・ガラリを採用しています。幅28m×奥行107mの大型テント倉庫ですが、内部は柱のない無柱空間となっており、広々としたスペースを無駄なく使えます。大きな保管物の配置や移動もスムーズで、導線設計も自由に変えられます。自由度の高さは、業務の効率化にもつながるでしょう。

こちらの製品名は『FLEX HOUSE-MEGA メガフレックス』。間口は30mから50mまで、高さは5~10mまで可能なので、大型機械もすっぽり入ります。床面積は1,500m2以下(不燃物保管時3,000m2以下)となっています。

太陽工業公式HPで
見積もりを取る

山口産業

山口産業は創業から50年以上の実績を有する会社で、これまで膜構造にかんする事業を展開してきました。多種多様な事業領域に進出し、そこで得たノウハウを駆使して、製品力を向上させ続けており、テント倉庫製品にもさまざまなノウハウが詰め込まれています。一般的なテント倉庫の特徴である優れた採光性と紫外線カットを維持したまま、膜材のたるみや風によるバタつきを軽減させることに成功しています。

このクオリティを支えているのが、山口産業のテントマイスターです。テントマイスターがテント倉庫の設計から施工まで厳しくチェックを行っています。このワンストップ対応が高い品質を保っている秘密なのです。

サイズのバリエーションは36通りあり、必要があれば標準仕様に追加オプションの設置も可能。用途や希望に合わせた柔軟な対応ができます。さらに、山口産業の工場は品質管理の国際規格であるISO9001を取得しています。品質管理・マネジメントが徹底されているかどうかは、その会社が信頼できるかを判断する際に重要なポイント。第三者機関に認められているというのは、安心感がありますね。

山口産業のテント倉庫の施工事例

可燃物収納倉庫の事例

山口産業の施工事例01_秋田
画像引用元:山口産業公式サイト
(http://membry.jp/project/可燃物収納倉庫新築/)

こちらは山口県の産業用テントの事例です。用途が可燃物の収容であったため、防炎・不燃膜材を採用しています。間口は広めで、内部も開放感にあふれた造りです。

また、こちらは山口産業が確認申請から設計、製作・施工までをワンストップで対応した事例の1つ。自社で一貫して対応しているからこそ、要望や用途にあわせて、ベストな膜材をアドバイスできます。

原料保管用テント倉庫の事例

山口産業の施工事例02_秋田
画像引用元:山口産業公式サイト
(https://membry.jp/project/原料保管用テント倉庫新築/)

こちらは宮崎県に新設したテント倉庫です。原料保管庫として使用する予定なので、デザイン性よりコストを重視したいという依頼主からの要望に、従来の工法より大きく費用をカットできるテント倉庫で応えました。経済性に優れているほか、工期も短く済んでいます。

膜材は、周囲の景観にあわせて落ち着いたココア色を採用。一目見ただけでは、いかにもテント倉庫…という印象はなく、安っぽさを感じさせません。また防汚性・強度・耐久性にも優れており、メンテナンスコストという点でも経済的です。

山口産業公式HPで
見積もりを取る

東光鉄工

東光鉄工は、創業から80年以上の歴史を持つ会社です。その長い歴史の中で常に『創意工夫』を心がけてきたそう。その取り組みの姿勢は、まさにモノづくりを愛するプロと言えるでしょう。展開する事業・製品は非常に多種多様。建築や土木、機器類の保守・点検、さらにドローンなど多岐にわたり、時代・顧客が求めるものを作り続けてきた歴史がうかがえます。

その1つがTOKOドームシリーズです。TOKOドームシリーズは実現困難と言われていた「大型デッキプレートの冷間曲げ加工」をベースにした製品です。シリーズには倉庫や格納庫として使われるTOKOドーム、豪雪地や暴風地域にも設置できるTOKOカーポート、万が一のときに身を守るためのTOKO防災シェルター・TOKO地下防災シェルターなどがあります。

東光鉄工のテント倉庫の施工事例

TOKOドームの事例

東光鉄工の施工事例01_秋田
画像引用元:東光鉄工公式サイト
(https://www.toko-tekko.co.jp/publics/index/137/)

「TOKOドーム」は、南極昭和基地で採用された実績がある製品です。主な用途は倉庫や格納庫など。テント倉庫に似ていますが、メンテナンス性やクレーンなどの設置する場合はTOKOドームのほうが優れています。画像は幅15m×奥行30mの倉庫です。内部は柱のない無柱空間で、スペースを無駄なく使用できます。

ただ、一般的なテント倉庫と比べると工期が長く、建築コストもかさんでしまうのが難点。どちらが優れているかではなく、どちらのほうが使用用途・建設予定地の気候などに適しているかで考えたほうがよいでしょう。

東光鉄工公式HPで
見積もりを取る

テント倉庫メーカー

テント倉庫メーカーは、40年以上の実績を持つ会社です。テント生地やビニールシートを使用したオーダーメイド製品を取り扱っています。

依頼主の要望にスムーズに応えることをモットーにしており、テント倉庫の建築は自社でワンストップ対応。図面や構造計算書の作成は一般建築士が担当し、緻密に計算された設計書をもとにスタッフが形にしていきます。

対応エリアは日本全国。これまでに2,300件を超える施工実績があり、300m2以上の大型倉庫、小さなスペースにも設置できる簡易テント倉庫、多雪地域対応のテント倉庫、さらに防露・防塵・防虫処理を施したテント倉庫まで対応可能です。また、オプションの内容も多彩で、出入口を追加したり、扉の種類を変えたり、庇(ひさし)や雨どいを設置してもらうこともできます。

テント倉庫メーカーのテント倉庫の施工事例

新設テント倉庫の事例

テント倉庫メーカーの施工事例01_秋田
画像引用元:テント倉庫メーカー公式サイト
(https://tent-maker.jp/works/防炎フラットキャンバス-積雪量100cm対応テント倉庫/)

秋田県にかほ市のテント倉庫の事例です。サイズは間口15m×奥行32m×軒高5m。内部は柱のない、広々とした空間になっています。積雪量100cmにも耐えうる仕様で、テント生地には防炎フラットキャンバスを採用。大切な品物を万が一の被害から守ってくれるでしょう。

テント倉庫メーカー公式HPで
見積もりを取る

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ