使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » システム建築とは » システム建築の倉庫が建てられる会社 » 川田工業

川田工業

川田工業のシステム建築倉庫について紹介しています。会社の特徴や実績などもまとめました。

システム建築メーカー「川田工業」の特徴

川田工業は、1993年、70年の歴史を誇るアメリカの技術をベースとした「川田工業システム建築」を導入。当時は、設計・施工は国内、上屋建物の製作はアメリカでしたが、その後、日本の風土・気候に適したシステム建築を目指して技術開発を実施。いまでは、基礎構造~上屋建物の設計・製作・施工にいたるまですべて国内で行なう「純国産のシステム建築」として、さまざまな建築物に用いられています。

以下に、川田工業の特筆すべきセールスポイントをご紹介します。

目的や用途に応じて壁・屋根・構造を選択可能

倉庫の用途や規模、地域環境などを踏まえて最適な壁・屋根・構造を選択でき、このことにより低コスト・短工期が実現できます。また、川田工業システム建築の建物には「間柱」がありません。自立可能な強度を備えた「壁材(J.ウォール、K.ウォール)」と、重ね継手が可能な「Z型胴縁」を組み合わせることで間柱をなくし、鉄骨重量を軽減することでコストダウンを実現しています。

高い耐久性を備えた壁材&屋根材を使用

川田工業システム建築の壁材・屋根材には、防食性の高い「ガルバリウム鋼板」が使われています。ガルバリウム鋼板の防食性は、一般的な亜鉛鉄板の約3〜6 倍。ガルバリウム鋼板は1972年にアメリカで開発された金属素材で、鉄を基材とし、亜鉛・アルミニウム・シリコンからなるメッキ層を持つ「溶融アルミニウム-亜鉛合金メッキ鋼板」のこと。鉄板の外を覆っているアルミニウムの保護性能と、亜鉛の犠牲防食によって、非常に高い防食性を発揮します。

仮設足場要らず!

川田工業システム建築では、「K.ウォール」や「J.ウォール」の取り付けの際には高所作業車を使います。外壁自体が自立できるだけの強度を備えているため、仮設足場は必要ありません(在来工法では、外壁の施工の際、仮設足場を全面に設置します)。※敷地の形質や建築物の高さによっては仮設足場が必要になるケースもあり。

「川田工業」のシステム建築

川田工業システム建築

企画・設計から製作・施工、アフターメンテナンスにいたるまで、一連の管理が可能。最適なコストパフォーマンスを発揮します。日本向けに開発された、純国産のシステム建築です。

会社情報

 会社名 川田工業株式会社
本社所在地 富山県南砺市苗島4610番地(東京本社:東京都北区滝野川1‐3‐11)
創立年 1922年
営業日 平日9:00~17:00
受付時間 平日9:00~17:00
問い合わせTEL 0120‐66‐4106

費用面と工期を考えると、システム建築の倉庫より高パフォーマンスを出せる「テント倉庫」という選択肢もあります!ビジネスプランに最適な工法を比較チェックしたい方は、ぜひこちらをご確認ください。→工法別・比較早見表を確認する

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ