使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » テント倉庫とは » 短工期&低コスト!テント倉庫はここがスゴイ

【注目の工法】短工期&低コスト!テント倉庫はここがスゴイ

さまざまなメリットのある「テント倉庫」。ここでは、他の工法の倉庫と比べたときの、テント倉庫ならではのメリットをまとめてみました。テント倉庫に興味のある方はぜひチェックしてみてください!

短工期&低コスト!テント倉庫のメリットおさらい

建設時の工期を短縮できる

シンプルな構造が特徴のテント倉庫は、一般の建築に比べて、短い期間で設置・撤去できるのが大きなメリットのひとつです。500m2クラスのテント倉庫の場合で、着工~完成までの期間は最短2ヶ月です!

太陽光透過によりランニングコストが軽減できる

テント倉庫は、太陽光が差し込みやすいことから“室内が明るい”という特徴があります。そのため、昼間は室内の照明を減らすことができ、電力節約に役立ちます。「ランニングコストを抑えたい」と考えている場合に最適です。

イニシャルコストを抑えることができる

一般の建築物では難しい“低コスト”を実現できるのもテント倉庫の大きなメリット。合理的構造・軽量な素材構成・基礎工事のボリューム低減・設計のシステム化などが、建設コスト削減を実現できる理由です。「できるだけ安く倉庫を建てたい」と考えている場合には最もおすすめといえます。

軽量なため、軟弱地盤の設置にも有利

地盤調査の結果、1m2当たり5トン未満の軟弱な地盤の場合は、建物を建てる際に基礎形状を変える必要があります。システム建築やプレハブ建築は建物の総重量が大きいため、地盤が支持できるよう杭を打ち込む工事を行なわなければなりません。軽量なテント倉庫は杭工事を行う必要がなく、工期とコストを抑えることができます。

将来的な事業計画の変更にも速やかに対応できる

テント倉庫は、敷地の形状や規模を問わない汎用性の高さも魅力。自由度の高い設計が可能です。また、鉄骨フレーム+テント膜のみの非常にシンプルな構造になっているため、移設や解体なども比較的容易に行うことができます。

豊富な施工実績は信頼の証

他の工法と比べると簡易的なイメージのあるテントですが、実は東京ドームやJAXA、空港、ターミナルなど、公共の建築物にも多く利用されています。豊富な施工実績は、信頼性が高い証拠です。

リースにも対応可能

テント倉庫は、リース償却の対応が可能です(短期採用の場合)。そのため、大きな予算取りをせず、月々の経費処理で採用できます。

LCCO₂排出量を削減できる

テント倉庫は、建設~運用~解体とすべての段階において大幅にLCCO2排出量を削減でき、サステナビリティに貢献します。

高強度設計

シンプル構造が特徴のテント倉庫ですが、「国土交通省告示667号」に適合のテント倉庫は長期使用にも耐える設計で安心です。また、素材構成が軽量なため、耐震性の強い造りも実現できます。

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ