使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » テント倉庫とは » テント倉庫が建てられる会社 » 山口産業

山口産業

「山口産業」のテント倉庫について紹介しています。会社の特徴や実績なども調べているので、ぜひ参考にしてください。

テント倉庫メーカー「山口産業」の特徴

山口産業は、Membry(メンブリー)シリーズと呼ばれるテント倉庫を提供しています。テント倉庫の屋根・壁部分には、フランスのSerge Ferrari社のプレコントランテクノロジーを採用した、経年劣化による膜材の伸びや風によるバタつきを抑えられる膜材を採用。雪が溜まりにくく、紫外線が届きにくいという特徴を持っています。さらに、採光性にも優れているので、電気代カットにつながるでしょう。

設計・製造・施工の工程を自社で対応

テント倉庫の豊富な実績やノウハウ持つテントマイスターが設計・製造・施工といったそれぞれの工程に在籍しています。1つひとつの工程を高い技術を持つスタッフが対応しているのです。

オーダーメイドでニーズに合わせたテント倉庫を建築

利用者の用途や要望に合わせ、シート1枚から建築までオーダーメイド制を導入している山口産業。従来のテント倉庫の規模や概念にとらわれず、利用者に納得してもらえるテント倉庫を提供しています。

ISO認証を取得した工場で製造

山口産業は、国際的な認定基準を定めているISO9001を取得した認定工場でテント倉庫を製造しています。日々品質の向上に努めており、テント倉庫納品後には、全国に営業所を設置してアフターサービスを行なっています。

「山口産業」のテント倉庫

山口産業が提供しているMembry(メンブリー)シリーズについてまとめました。

耐久性の高い膜構造

山口産業は、耐久性の高い膜材であるMembryシリーズの1002 T2 Swanを用意しています。膜材に引っ張っても伸びにくい高張力ポリエステル基布(きふ)を採用し耐久性を確保しました。

膜材の表面処理は、紫外線や大気汚染物質に強いPVDF(ニフッ化ポリビニリデン樹脂)でコーティングしているため、防汚性にも優れています。

換気がしやすいテント倉庫

メッシュ膜を一部分に取り入れ、換気しやすいテント倉庫を提供しています。山口産業のテント倉庫で使用しているメッシュ膜は、一般的な黒いメッシュ以外にも豊富なカラーバリエーションがあり、好みの色が選べます。

また、メッシュ膜部分には庇(ひさし)が取り付けられており、雨水が入ってこないようになっています。

1~2ヶ月と短い工期

山口産業では、1~2ヶ月という短い工期でテント倉庫を建築しています。500m2程度のテント倉庫であれば、発注をして確認申請がおりると、製作に1ヶ月・現場での取り付け&組み立てに約10日で納品してくれるでしょう。

「山口産業」の施工事例

施工事例1

山口産業施工事例1-1
山口産業施工事例1-2

画像引用元:山口産業株式会社公式サイト
(https://membry.jp/project/w8-5xl25テント倉庫完成(桁面開口仕様)/)

桁(けた)面を開口し荷物の運搬が楽なテント倉庫。膜材はPVDF(ニフッ化ポリビニリデン樹脂)でコーティングされているため、撥水性や防汚性、耐候性に優れています。

施工事例2

山口産業施工事例2-1
山口産業施工事例2-2

画像引用元:山口産業株式会社公式サイト
(https://membry.jp/project/テント上屋で荷捌き場完成/)

工場の荷捌き場として活用されている上屋テント。屋根を設置するため、他テント倉庫と比べると比較的短い工期で建築できるのが特徴です。

施工事例3

山口産業施工事例3-1
山口産業施工事例3-2

画像引用元:山口産業株式会社公式サイト
(https://membry.jp/project/大型クルーズターミナルの膜構造建築物/)

大型クルーズ船用のターミナル。海外からの観光客を迎えるための施設として活用されています。

施工事例4

山口産業施工事例4-1
山口産業施工事例4-2

画像引用元:山口産業株式会社公式サイト
(https://membry.jp/project/テント倉庫w22xl15完成(造船業)/)

造船業の資材・製品置き場として活躍しています。中は柱がないため広々とした空間が魅力です。

施工事例5

山口産業施工事例5-1
山口産業施工事例5-2

画像引用元:山口産業株式会社公式サイト
(https://membry.jp/project/作業場テント新築工事/)

スタッフがはたらきやすい作業環境を整えたいという依頼者の要望を叶えた施工事例です。汚れても太陽光と雨の力で自浄される光触媒膜を採用し、外観の美しさを長期間キープすることに成功。また、膜材は採光性や換気性に優れているため、屋内は明るく作業しやすい環境となっています。

施工事例6

山口産業施工事例6-1
山口産業施工事例6-2

画像引用元:山口産業株式会社公式サイト
(https://membry.jp/project/伸縮式テント倉庫(w10-5xl15xh4-4)/)

大きな産業用製品をまとめて収容・保管したいという要望に合わせ、高さ4.4mの伸縮式テント倉庫を建てた事例です。奥行きは最大15m。テント倉庫の足元にはレールがついており、自由自在に伸縮する仕様となっています。膜材は防炎・不燃性に優れたものを使用しているため、安心して産業用製品を収容できるでしょう。

施工事例7

山口産業施工事例7-1
山口産業施工事例7-2

画像引用元:山口産業株式会社公式サイト
(https://membry.jp/project/燃え抜け防止膜付きテント倉庫/)

可燃物のプレハブ木材を保管する目的でつくられたテント倉庫。用途に合わせ、膜材には燃え抜け防止膜を使用しています。壁には5つのアルミサッシ窓が設置されているため、屋内は照明なしでも非常に明るい仕様です。

会社情報

 会社名 山口産業株式会社
本社所在地 佐賀県多久市多久町3555-120
創立年 昭和47年4月
営業日 ホームページに記載なし
受付時間 9:00~17:30
問い合わせTEL 0952-74-2525
500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ