使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » テント倉庫とは » テント倉庫が建てられる会社 » エヌティシー

エヌティシー

テント倉庫の企画・設計から施工までをワンストップで行う「エヌティシー」について、会社の実績や特徴などをまとめています。テント倉庫の建築を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

テント倉庫メーカー「エヌティシー」の特徴

どんなサイズにも対応できる

テント倉庫の導入を考えている会社のなかには、「かなり多くの荷物を保管したい」「重機の出し入れができる広さを確保したい」という希望があるかもしれません。

エヌティシーの手掛けるテント倉庫建築物の大きさは、最大1,000m2まで対応可能。さらに、膜構造建築物として設計すれば、大きさに制限はありません。建物幅や高さなど豊富なバリエーションを用意しているので、どんな規模感にも対応してくれるでしょう。

安心のワンストップ体制を採用

エヌティシーは、テント倉庫の企画・設計から製造や施工一式をワンストップ体制で実施しており、お客様の要望を形に反映させることを重視しています。下請け業者に施工を依頼しないため中間マージンが発生せず、低コストで理想のテント倉庫を手に入れられるでしょう。

また、一級建築士事務所も併設しているので、デザイン性に優れた倉庫を希望する人にもおすすめです。

希望を叶える豊富なラインナップ

テント倉庫の代表ともいえる固定式テント倉庫はもちろん、開閉テントや荷捌テント、デザインテント、さらにスポーツ施設や商業施設向けのテントなども手掛けています。膜落下防止天井や間仕切シート、シートシャッターなども扱っているので、「倉庫内にこんな設備を導入したい」とった要望がある人も満足できるでしょう。

柔軟な対応を心掛けているため、上記に挙げたもの以外のさまざまな要望にも応えてくれるはずです。

エヌティシーの施工事例

テント倉庫の施工事例1

エヌティシー_施工事例 引用元:エヌティシー公式サイト
https://www.ntc-tent.com/category/production/performance-4/

高さ3m・幅9m・長さ25mの伸縮式テント倉庫の事例です。エヌティシーの伸縮式テント倉庫は手動と電動の2種類から選択可能で、手動の場合は2~4人で簡単に移動できます。一時的にスペースを確保したい時にはスムーズに縮められるので、作業場や駐車場に最適です。

テント倉庫の施工事例2

エヌティシー_施工事例 引用元:エヌティシー公式サイト
https://www.ntc-tent.com/category/production/performance-4/page/3/

L字型に大きな開口を設けた、高さ7m・幅13.5m・長さ15.5mのアシンメトリーな固定式テント倉庫です。無柱空間の広々としたスペースに仕上げているため、画像のように大きな重機でも作業のストレスがかからないでしょう。

テント倉庫の施工事例3

エヌティシー_施工事例 引用元:エヌティシー公式サイト
https://www.ntc-tent.com/category/production/performance-4/page/3/

グレー1色でまとめたシックな、高さ5m・幅10m・長さ20mの固定式テント倉庫。このテント倉庫の特徴は、一般的な膜材ではなく不燃ターポロンという膜材を採用している点です。不燃指定されている場所にも対応しています。

エヌティシーの会社情報

会社名 株式会社 エヌティシー
本社所在地 静岡県静岡市清水区袖師町378−1
創業・設立 設立 昭和60年6月
受付時間 8:00〜17:00
定休日 土日祝
500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ