使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » テント倉庫とは » テント倉庫が建てられる会社 » 株式会社北信帆布

株式会社北信帆布

北信帆布は創業110年を超えるテント製造の老舗です。長年テントの設計・製造・施工に携わってきた歴史があり、テント倉庫を知り尽くしている会社だと言えます。高い技術力を生かして開発されたテント保冷庫を筆頭に、従来のテントの形を進化させ続けているテントメーカーです。

テント倉庫メーカー「北信帆布」の特徴

帆布という社名からわかる通り、テント生地の製造を得意としているメーカーです。日々、テントを必要としている現場を理解し、必要とされる便利さとは何かを追求し、製品開発・製造・設営を行っています。

北信帆布のテント倉庫

北信帆布が提供しているテント倉庫の種類をご紹介します。

固定式テント倉庫

建設省の認定基準に適合している北信帆布の固定式テント倉庫。耐久性に優れていながらリーズナブルな価格帯のため、多くの産業分野で利用されています。また、降雪地に合わせて強度を高めたバージョンも用意。豪雪地帯でも重宝すること間違いありません。

開閉式テント倉庫

膜天井が開閉するタイプのテント倉庫です。開閉は手動・自動のどちらでも設定可能。倉庫を作業場として使用する場合、室内が暗かったり、空気が澱んだりしていると作業の効率も悪くなりがち。開閉式のテント倉庫なら、天候に合わせて手錠をオープンすることで新鮮な空気と日光を取り入れられます。空気の循環が良くなり、視界も良好になるため、作業効率アップにつながるでしょう。

テントパーテーション

食品工場で多く利用されているテントパーテーション。テントパーテーションを設置するだけで、わざわざ壁を作らなくても断熱・防音・防塵効果を発揮できます。シートは透明だから見通しも良く、狭苦しくありません。もしシートが汚れたり破れたりした場合は簡単に取り替えられるのも魅力です。

テント保冷庫

テント膜素材の進化により、保冷庫もテントで作る時代になっています。北信帆布のテント保冷庫は断熱性の高いシートを使っているため、保冷能力は従来のも保冷庫と大差ないそう。また、必要な時に出してきて内部を冷やして使う可動式のテント保冷庫もあります。可動式タイプは設計の自由度が高く、設置したいスペースにぴったりのサイズで設計することが可能。また、冷蔵庫を設置するコストの3分の1程度で施工できるため、見逃せませんよ。

レンタル・リースでの利用

ホームページに記載はありませんでした。

会社情報

会社名 株式会社北信帆布
本社所在地 長野県長野市風間下河原2034-19
設立年 1942年1月
営業日 記載ありませんでした
受付時間 8:30~17:00
問い合わせTEL 026-221-3500
500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ