使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » テント倉庫とは » テント倉庫が建てられる会社 » 株式会社フタバ

株式会社フタバ

株式会社フタバは、工業施設向けにテント倉庫を取り扱っているほか、商業用のオーニングや通路用テント、教育施設や一般住宅向けの可動式日よけ庇などを取り扱っている会社です。利用者の快適な空間をつくる株式会社フタバの魅力、実際に施工を手掛けた事例などをご紹介しています。

株式会社フタバのおすすめポイント

基本は自由設計

株式会社フタバのテントは設置する敷地の場所・形を基本的に選びません。用途に合わせてテント膜材を選び、敷地の形に合わせて設計する自由設計となっています。空いているスペースを有効に活用できるのが嬉しいですね。

アフターサポートも充実

テント倉庫を設置したら完了ではなく、引き渡し後もしっかりサポートしてくれる株式会社フタバ。テント膜材は亀裂や雨風によるダメージを受けやすいため、メンテナンスする必要があります。問題が起きたとき、すぐにサポートしてくれるのも株式会社フタバの強みです。

「株式会社フタバ」のテント倉庫

工業用施設向け

荷物保管用の上屋テント、伸縮式テント、移動式テント、屋根を動かせる開閉式テント、作業用間仕切りなどを取り扱っています。

商業用施設向け

商業用施設に向けたテントも取り扱っている株式会社フタバ。例えば、駅ののぼり、オブジェ、デザインの一部にテントシートを活用しています。素材の軽さ、丈夫さ、加工のしやすさが魅力です。

「株式会社フタバ」の施工事例

施工事例1

株式会社フタバ施工事例1
画像引用元:株式会社フタバ公式サイト( http://www.futaba-e.co.jp/html/case_01.html)

自動車部品メーカーの作業場として使われています。倉庫内はフォークリフトの往来が激しいということもあり、万が一フォークリフトが突っ込んでテントを破いたり、人に当たったりしないよう、テントの入り口部分にはガイドバーという鉄のバーが設置されました。

施工事例2

株式会社フタバ施工事例2
画像引用元:株式会社フタバ公式サイト( http://www.futaba-e.co.jp/html/case_01.html)

寿命を迎えたテントの張り替え事例です。現役で使っている倉庫なので、内部は荷物でぎっしり。どうにか高所作業車1台が入れるスペースを確保して、張り替えを行ったそうです。テント生地をシルバーにしたことで、内部が明るくなりました。

施工事例3

株式会社フタバ施工事例3
画像引用元:株式会社フタバ公式サイト( http://www.futaba-e.co.jp/html/case_01.html)

大きな機械を保管するため、開口部を大きくとり、出入口はスライドカーテン仕様となりました。またカーテンの芯材には角材を入れることで風の対策もしています。

施工事例4

株式会社フタバ施工事例4
画像引用元:株式会社フタバ公式サイト( http://www.futaba-e.co.jp/html/case_01.html)

工場建屋に合わせたサイズで設計・併設された上屋テント。作業場にもなるため、雨の吹き込みを防げるように下がり壁テント仕様となっています。また、敷地の形状に合わせて設計されているため、スペースの有効活用につながっています。

会社情報

会社名 株式会社フタバ
本社所在地 愛知県名古屋市中村区並木1-43
創業年 1954年(設立は1992年9月)
営業日 ホームページに記載なし
受付時間 ホームページに記載なし
問い合わせTEL 052-411-9191
500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ