使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
使える倉庫を建てたい会社の【倉庫建築工法】比較ガイド » テント倉庫とは » テント倉庫が建てられる会社 » アマノコーポレーション

公開日: |更新日:

アマノコーポレーション

静岡県にあるテント倉庫建築会社「アマノコーポレーション」をリサーチ!テント倉庫メーカーとしての特徴や施工事例をまとめました。

テント倉庫メーカー「アマノコーポレーション」の特徴

既存施設や環境を活かしたテント倉庫建築

アマノコーポレーションは静岡県を中心として、国内のテント倉庫や膜構造建築物の設置をサポートしているテント倉庫建築会社です。単にテント倉庫を設置するだけでなく、既存の施設や建物、土地環境を活かしたテント倉庫の施工を工夫しており、コストや工期を抑えやすいことがメリットです。

また、竣工後のメンテナンスやサポートにもしっかりと対応しています。

専門アドバイザーが総合的なプランを提案

アマノコーポレーションにはテント倉庫建築の専門家として、経験を積んだアドバイザーが所属しており、最初にクライアントのニーズをきちんとヒアリングした上で、適切なプランニングを行ってくれることが重要です。

また、テント倉庫の活用法やスタイルに応じた特性も説明してくれるので、初めてテント倉庫を導入する際にも安心感があります。

複数の膜構造建築物から必要なスタイルを選択できる

取り扱っている膜構造建築物として、固定式テント倉庫や伸縮ジャバラテント、荷捌き用の上屋テントなど様々なスタイルが用意されています。

テント倉庫と上屋テントを融合させたり、屋根材と外壁材の質を変更して利用の幅を拡大したりと、オーダーメイドの膜構造建築物を追求できることが重要です。

アマノコーポレーションの施工事例

テント倉庫の施工事例1

アマノコーポレーション_施工事例 引用元:アマノコーポレーション公式サイト
https://www.amano-cp.com/works/details.php?id=7

アマノコーポレーションでは不燃シートを採用したテント倉庫を提供しており、不燃物から可燃物まで幅広い保管品の倉庫として利用できます。透光性に優れたシートを採用すれば照明に頼らず庫内の明るさを確保できることも重要です。

テント倉庫の施工事例2

アマノコーポレーション_施工事例 引用元:アマノコーポレーション公式サイト
https://www.amano-cp.com/works/details.php?id=2

膜材として防炎シートを採用されているテント倉庫の事例です。カーテン仕様だった開口部が、改修によって両開きのスライドドア仕様へ変更されました。膜材の色も既存品に合わせてグリーンで統一されています。

テント倉庫が建てられる会社一覧>>

アマノコーポレーションの会社情報

会社名 株式会社 アマノコーポレーション
本社所在地 静岡県島田市井口758-3
創業・設立 設立 1994年4月4日
受付時間 9:00〜17:00
定休日 土日祝(※事前連絡があれば対応可能)
500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ