使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » プレハブ建築とは » プレハブ建築倉庫の工期

プレハブ建築倉庫の工期

プレハブ工法で倉庫を建築する場合、工期はどれくらいかかるのでしょうか?

こちらのページでは、プレハブ建築倉庫が完成するまでの一般的なフローと工期を紹介していきます。

倉庫建築にかかる工期は?【プレハブ建築編】

プレハブ工法による倉庫建築の場合、だいたい3ヶ月程度の工期をみておきましょう。

システム建築倉庫の場合は約4ヶ月、テント倉庫の場合は約2ヶ月となるため、ちょうど真ん中くらいの工期といえます。

プレハブ建築で倉庫を建てる際のフローを紹介

プレハブ工法による倉庫建築は、以下のような流れになります。

  1. ヒアリング…まず初めに行なわれるのが担当者によるヒアリングです。建設予定地、倉庫の規模や用途、荷重条件、機械設備の有無などの確認がされ、希望予算や竣工日の確認も行なわれます。
  2. 現地確認…ヒアリングの次は、実際に倉庫を建築する現地の確認です。搬入路、水道・排水関係、電気関係、法的なチェックなどが実施され、建築計画に反映されることになるでしょう。諸官庁等の制限事項もあわせて確認が行なわれます。
  3. 見積もり…ヒアリングや現地確認が終われば、いよいよ見積もりの提案がされます。最終金額だけでなく、詳細の項目についてもしっかりチェックしましょう。
  4. 契約…見積もりの内容や計画に同意ができれば、契約を結びます。
  5. 設計…無事契約を結んだら、いよいよ設計です。初期計画をもとに、詳細が決められていきます。
  6. 各種申請手続き…設計後、建築確認申請等の各種手続きが実施されます。
  7. 製造…外壁や屋根、鉄骨といった必要な部品が製造されます。
  8. 施工…必要な部品が揃ったら工事着手。現場での施工がスタートします。工期は、上で説明したとおり3ヶ月程度となるでしょう。

上の8つのステップは他の工法(システム建築倉庫、テント倉庫)と変わりませんが、各ステップでかかる期間などによって全体の工期が違ってきます。

「できるかぎり早く倉庫が欲しい」「最短工期で仕上げたい」という場合は、テント倉庫を検討しましょう。

工法別・比較早見表を詳しくチェック

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ