使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » プレハブ建築とは » プレハブ建築の倉庫が建てられる会社 » 三協フロンテア

三協フロンテア

三協フロンテアのプレハブ建築倉庫についてくわしく紹介していきます。

プレハブ建築メーカー「三協フロンテア」の特徴

1969年の創業以来、ユニットハウスの製造・レンタル・販売等に取り組み、成長を続けてきた三協フロンテア。さまざまな業態・業種の事務所、店舗、休憩所などの建築を手掛け、豊富な実績とノウハウを積み重ねてきました。

ユニットハウスとは、工場で生産される工業化建築物のこと。建築工程の約8割を工場内で生産するため、職人の腕に左右されず常に均一な品質の製品を提供可能です。また電気などのさまざまな設備も工場内で組み込めるため、工期を大幅にカットできます。

三協フロンテアは、企画・開発から生産、営業、施工、さらにはアフターケアにいたるまで、すべて自社で行なっているのも特徴です。

以下に、三協フロンテアが提供するユニットハウスのメリットをまとめてみました。

工期の短縮・安定

ユニットハウスは、工場内で約8割を生産し、建築現場ではクレーンで組み立てるのみのシンプル施工。そのため工期は在来工法の1/3程度で済みます。また、工場内の生産なので天候に左右されることもありません。設置後の内装や設備工事等も壁・屋根で囲われているため天候に影響されにくく、あらゆる建築工法の中でもとくに工期がずれにくい工法といえるでしょう。

安心で環境にもやさしい建物

通常の建築物は見積もりと図面のみで発注しますが、ユニットハウスは実際の建物を展示場で確認することも可能。室内に入ってみなければ分からないこともあるため、より納得してから契約できます。またユニットハウスでは、「建物」というハードに、「移設」「買取」という環境を考慮したソフトを組み合わせ、“循環型の流れ(3R)”を構築。環境にやさしい建物といえます。

動かせる&増築できる

今後、より条件の良い土地が見つかったときなどは、ユニットハウスであれば建物ごと移動が可能。そのためイニシャルコストを大幅に削減できます。さらに買取サービスもあるため、万が一、次の土地の形状に合わなかったときなども安心です。また、1ユニット単位で増築・減築ができるため、人員が増えた…などの状況に応じて対応できます。

「三協フロンテア」の商品ラインナップ

倉庫として適応可の商品を箇条書きでまとめてみました。

MS1

全性能が進化した次世代モバイルスペース。従来品と比較し、剛性は25%アップ、強度は16%アップしています。また、4本の柱のみで屋根を支えるボックスラーメン構造で、筋交いや耐力壁は不要。さらに、3階建ての本格的な事務所や店舗建築などにも対応できます。

LCXシリーズ

「シンプル」「ローコスト」を追求したエコノミーシリーズ。小規模な倉庫や店舗、休憩所などにぴったりです。

Pandaシリーズ

1坪サイズの手軽な収納庫シリーズです。フォークリフトやクレーンなどで簡単に設置可能。移動も簡単で、最大1tまで、荷物を入れたまま自由に移動できます。

会社情報

 会社名 三協フロンテア株式会社
本社所在地 千葉県柏市新十余二5番地
創立年 1969年12月
営業日 ホームページに記載なし
受付時間 ホームページに記載なし
問い合わせTEL 0120‐865‐390

★費用面と工期を考えると、プレハブ建築の倉庫より高パフォーマンスを出せる「テント倉庫」という選択肢もあります!ビジネスプランに最適な工法を比較チェックしたい方は、ぜひこちらをご確認ください。→工法別・比較早見表を確認する

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ