使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
使える倉庫を建てたい会社の【倉庫建築工法】比較ガイド » 保管品別・倉庫の施工事例 » 家具

公開日: |更新日:

家具

さまざまなサイズのものを取り扱う必要がある家具保管用倉庫では、その取扱いに留意が必要です。ここでは家具保管倉庫を建築する際に気を付けるべきポイントや、家具保管倉庫の建築事例などを紹介しています。

家具の注意点をチェック

面積の確保が必要

家具はその用途や使用する世帯の規模によって大きさが変わってくるため、保管スペースを確保しておく必要があります。小型の家具ももちろんありますが大型の家具を取り扱う場合には十分なスペースが必要になるため、広々とした敷地面積の確保が重要なポイントです。

保管環境も重要

木製の家具であれば湿気の影響を受けたりと、その保管環境にも注意が必要です。たとえば万が一保管が甘く、雨水が接触してしまうような保管環境となってしまった場合にはその家具はもう製品として取り扱うことができなくなってしまいます。そのため取り扱う家具における保管上の注意点をケアできる構造にしておく必要があります。

搬入経路も確保を

前述の通り家具は大型のものを取り扱うことがあるため、その搬入経路もしっかりと確保が必要です。これは運搬時の効率という目的に加えて、運搬時に傷をつけてしまうリスクをなくすためでもあります。柱や他の製品との接触機会を可能な限り減らし、こういったリスク面のケアを行えるようにしましょう。

【システム建築編】家具保管倉庫の施工事例

※残念ながら、システム建築タイプの家具保管倉庫に関する施工事例は見つかりませんでした。

【プレハブ建築編】家具保管倉庫の施工事例

※残念ながら、プレハブ建築タイプの家具保管倉庫に関する施工事例は見つかりませんでした。

【テント倉庫編】家具保管倉庫の施工事例

建蔽率にこだわった建築事例

家具保管における収容率を高めるため、敷地の建蔽率いっぱいというニーズを満たした建築事例です。出入口上部に荷捌き用のオーニングを設置し、防犯として侵入防止用のコンパネも設置されています。

画像引用・参照元:https://membry.jp/project/家具の倉庫/

広々とした家具保管倉庫の建築事例

面積がなんと2,000㎡もある家具保管倉庫であり、間に柱もないため広々と使うことが可能です。搬入口も大きく取られており、大型の家具であっても搬入しやすい大規模な倉庫となっています。

画像引用・参照元:https://www.shigematsugroup.co.jp/2021/05/27/sikokukagu-ms-souko/

製品の品質を維持する

倉庫はあくまでも一時的な保管場所であるため、製品の品質を劣化させる場所であってはいけません。そのため保管する家具が搬入時の状態のまま出荷・配送できるよう、保管時における注意点はしっかりとケアできる環境である必要があります。

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ