使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » 倉庫を建てたい!倉庫建築のチェックポイント » 用途(目的)

用途(目的)

倉庫建築にあたって重要となる「用途(目的)」について、くわしく解説しています。倉庫の工法別にみる用途の多様性についてもまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

倉庫の用途とは?

倉庫は、何に使うのか?(何を保管するのか?)という用途・目的によっても選び方が変わってくると思います。

では、倉庫の用途・目的は主にどのようなものが考えられるでしょうか?以下に、考えられる一般的な用途・目的をまとめてみました。

上記のように、物の保管場所として使うケースが一般的ですが、それ以外にも、作業場として使用したり、事務所兼倉庫として使用したり、イベントなどで一時的に使用するようなケースもあるでしょう。倉庫の用途・目的は、実に多岐にわたります。

工法別・用途の多様性比較

倉庫は、その工法によって、用途の多様性に違いがあります。以下に、システム建築倉庫・プレハブ建築倉庫・テント倉庫それぞれについて、適応となる主な保管品をまとめてみました。

このサイトでは、保管品別に実際の倉庫施工事例も紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

こんな使い道も?倉庫用途事例集

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ