使える倉庫を建てたい会社の 【倉庫建築工法】比較ガイド
TOP » 倉庫を建てたい!倉庫建築のチェックポイント » 機能性

機能性

こちらのページでは、倉庫の「機能性」についてくわしく解説しています。

工法別に機能性比較も行なっているので、ぜひ参考にしてください。

システム建築の倉庫の機能性とは

システム建築倉庫は、他の工法による倉庫に比べて強度・耐久性が高いことが大きな特徴ですが、同じくらい注目すべきポイントとして、設計の自由度が高いという点が挙げられます。そのため、よりニーズに合った設計の倉庫を建てることが可能です。

また、構造・建材を徹底検証し、最も合理的な構造体を設計できるのもメリットでしょう。

さらに、構造や仕様にもよりますが、基本的に、在来工法やプレハブ工法のように柱の数が多くなってしまうこともありません。

システム建築による倉庫は、他の工法に比べて機能性も優れているといえるでしょう。

工法別・機能性比較

では、システム建築以外の工法で建てられた倉庫についても機能性を見ていきましょう。3つの工法による倉庫(システム建築倉庫・プレハブ建築倉庫・テント倉庫)それぞれについて、備えている主な機能性を一覧にまとめてみました。

システム建築倉庫

プレハブ建築倉庫

テント倉庫

注目の機能ピックアップ

システム建築倉庫、プレハブ建築倉庫、テント倉庫と、それぞれの工法の倉庫について主な機能を見てきました。最後に、これらの機能の中でとくに注目すべき機能をご紹介したいと思います。

移設・増設・解体が可能

プレハブ建築とテント倉庫は、移設や増設、解体が可能な構造になっています。将来的に保管物が増えたり減ったりする可能性がある場合や、場所を移動する必要が出てくる可能性のある場合、また短期の使用を目的にする場合などは、この機能が備わっていると非常に便利です。

室内が明るい

テント倉庫は、外の光を取り込みやすい構造のため、室内が明るいという特徴があります。そのため昼間の電気代を節約することができ、省エネが可能。維持費の削減にもつながる、注目すべき機能といえるでしょう。

こんな使い道も?倉庫用途事例集

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ