使える倉庫を建てるための倉庫建築工法 比較ガイド

自社倉庫を建てるには、まず「どの工法で建てるか」を考える必要があります。
重量鉄骨を用いた在来工法よりも「費用」と「工期」を抑えた新工法が主流となりつつある今、
ビジネスプランに最適な工法を見極めるのは至難のわざ。
このサイトでは工法ごとにメリット・デメリットを比較し、おすすめの会社をご紹介します。

500㎡
平屋の
倉庫を建てるとしたら?

費用・工期は「テント倉庫」
耐久性は「システム建築」が優勢!

ひと口に倉庫と言っても、工法が異なればその機能・特徴も変わります。目的にマッチした自社倉庫を建てるためには、工法ごとの性質を理解しておきましょう。ここでは、3つの工法「システム建築」「プレハブ建築」「テント倉庫」を500㎡で高さ5mの平屋倉庫を建てる想定で費用、工期、耐久性を比較しました。

テント

工期最短&低コスト!
シンプルな造りで耐震性◎

太陽工業_施工写真 引用元HP:太陽工業公式サイト
https://www.tentsouko.com/achievement/トラスコ中山株式会社%e3%80%80様/
費用
2千万~
工期
1.5カ月
耐久性
20
保管品
  • 木材
  • 板金
  • 薬品
  • 精密機械
  • 製品
  • 美術品
  • 食品
  • 農作物
  • 危険物
  • 引火性液体
  • 産業廃棄物
  • 備品

テント倉庫について
詳しく見る

システム

設計の自由度が高く、
鉄骨造とほぼ同クラスの高耐久

イエスビルダーズネット_施工写真 引用元HP:yess Builders Net (イエスビルダーズネット)
http://builder-net.jp/record/detail.php?id=1016&builder_id=403
費用
4千万~
工期
3カ月
耐久性
30
保管品
  • 木材
  • 板金
  • 薬品
  • 精密機械
  • 製品
  • 美術品
  • 食品
  • 農作物
  • 危険物
  • 引火性液体
  • 産業廃棄物
  • 備品

システム建築の
倉庫について詳しく見る

プレハブ

移設や増設が自在!
徹底した規格化で短工期を実現

大和ハウス_施工写真 引用元HP:大和ハウス公式サイト
http://www.daiwalease.co.jp/works/07_warehouse/1301_06.html(最終閲覧日:2018年11月)
費用
3千万~
工期
3カ月
耐久性
20
保管品
  • 木材
  • 板金
  • 薬品
  • 精密機械
  • 製品
  • 美術品
  • 食品
  • 農作物
  • 危険物
  • 引火性液体
  • 産業廃棄物
  • 備品

プレハブ建築の
倉庫について詳しく見る

もっと
知りたい!
倉庫を建てる前にチェックしたいポイント

3種類の工法について費用・工期・耐久性の違いを見てきましたが、この3点の他にもまださまざまな違いがあります。ここでは、「適した用途(目的)」「維持費」「地盤条件」「機能性」という4つのポイントに注目して、それぞれの特徴・違いをご紹介していきたいと思います。

3種類の工法を深掘り!工法別・倉庫の特徴

3種類の工法(システム・プレハブ・テント)についてその主な違いを見てきましたが、ここからは、それぞれの工法で建てられた倉庫の特徴・性質について、よりくわしく解説していきたいと思います。各工法においておすすめできる建築会社も1つずつピックアップしてみたので、ぜひあわせてチェックしてみてください!
【選定基準】
当サイトで紹介している倉庫建築会社から下記基準で選定
テント倉庫:全国対応で工期が短い会社
システム建築:システム建築事業で実績が多い会社
倉庫建設:倉庫建設事業で創業年数が古い会社
※2018年7月時点の調査情報を元にしています。

「低コスト短工期」ならテント倉庫

低価格&短工期に加え、ランニングコスト削減に貢献

骨組みを組んだ上からシートを張るシンプルな構造が特徴のテント倉庫。そのシンプルさゆえ工期が短くて済み、費用も最も安く抑えられるのが大きなメリットです。また、増設や解体が容易にできる点や、修繕が手軽に行える点も魅力。室内が明るいため省エネも可能です。

保管品の例
  • 木材
  • 板金
  • 薬品
  • 精密機械
  • 製品
  • 食品
  • 農作物
  • 危険物
  • 産業廃棄物
  • 備品

テント倉庫のメリット1 わずか2ヵ月で完成する短工期

500㎡規模なら着工から完成までに2カ月もかからないという工期の短さがテント倉庫の魅力。骨組みにシートをかけるシンプルな構造を持つテント倉庫だからこそのメリットです。「シンプルな構造で短工期」いうと強度面が不安に感じるかもしれませんが、「国土交通省告示667号」に適合しているテント倉庫は長期間の使用にも充分耐えうる安定した構造を持っています。工場・店舗などの特異な用途でない限り強度面での心配は不要でしょう。構造が単純で軽量なので、地盤がそれほど強くない土地に建てることも可能です。

テント倉庫のメリット2 コストを抑えて自由設計の倉庫が作れる

軽量な素材を合理的な構造設計で組み立てるテント倉庫は低コストで建築することができます。設計がシステム化されており基礎工事に大きな手間が割かれないため、イニシャルコストが安く済むのです。また、テント倉庫はランニングコストも低価格。巨大な倉庫の場合、内部を照らす照明の電気代は毎月かなりの負担になります。太陽光がシートを通り抜けるテント倉庫は、晴れた日中ならば照明にかける電力を節電できるので、ランニングコストを抑えることが可能です。構造を単純化することで、コストを抑えたまま自由度の高い設計ができる点もテント倉庫のメリットだと言えるでしょう。

テント倉庫のデメリット1 工場・店舗として使用するには耐久性に欠ける

テント倉庫はシステム建築倉庫と比較すると強度・耐久性の点では見劣りしてしまいます。増築・解体・修繕が簡単かつ安価に行える分、建材や構造体の強度は高い費用と長い工期をかけてつくるシステム建築に及ばないのです。工場や店舗など、高い耐久性が求められる用途以外であればテント倉庫の強度でも特に問題はありません。倉庫の使用法を念頭に置いて工法を選択しましょう。

テント倉庫のデメリット2 プレハブ倉庫よりは移設・増設が難しい

規格化されたパーツを組み上げるだけのプレハブ倉庫と比べると移設・増設が困難なのもテント倉庫のデメリットです。特に移設の容易さに関してはプレハブ倉庫に軍配が上がります。土地にしっかりとした骨組みを造ったうえでシートを貼っていくテント倉庫に対し、プレハブ倉庫は現地にパーツを持ち込んで一気に建設することが可能。移設も同じ要領で行える分、プレハブ倉庫の方が手軽に移築できるのです。

太陽工業_公式サイトキャプチャ 引用元HP:太陽工業公式サイト
https://www.tentsouko.com/

見積もるならまずココ!
1000㎡クラスのテント倉庫を最短2か月で建設
「太陽工業」

面倒な業者手配や確認申請手続きをワンストップで対応してくれる建設会社です。対応スピードはもちろん、東京ドームや全国交通施設を手掛けた実績にも注目。外壁に鋼板を使用することで、耐久性と防犯性に優れたテント倉庫も実現しています。

公式サイトで施工例をもっと見る

「高耐久」ならシステム建築

強度と耐久性に優れ、よりニーズに合った倉庫を建築

設計や素材選び、見積もり、生産などをコンピューターで自動化できるよう“システム化”されているシステム建築。強度と耐久性に優れているほか、ニーズに応じた設計の倉庫を建てられる自由度の高さがメリットです。ただ、工期と費用に関しては3つの工法の中で一番かかってしまいます。

保管品の例
  • 木材
  • 板金
  • 薬品
  • 精密機械
  • 製品
  • 美術品
  • 食品
  • 農作物
  • 危険物
  • 引火性液体
  • 産業廃棄物
  • 備品

システム建築のメリット1 優れた強度・耐久性で地震に強い

システム化されているため一定品質での施工が可能なシステム建築は、耐震性・耐久性に優れている工法です。なかでも「yess建築」と呼ばれる軽量・高強度な建築工法は、大地震でも倒壊しなかったことから注目されています。災害の多い日本において、頼もしい工法だと言えるでしょう。

システム建築のメリット2 CADによる設計が可能で
自由度が高い

パーツをCADで設計できるため、用途や要望にあわせて建てられるのもシステム建築のメリット。広さや階数などを自由に決められる自由度の高さで、倉庫としてだけでなく、事務所や店舗、工場としても活用できます。

システム建築のデメリット1 ほかの工法と比べて費用・工期がかかる

在来工法と比較すると安く済みますが、テント倉庫やプレハブ建築と比べると費用がかかります。長期的にその土地で事業を行う計画がないのであれば、ほかの工法を選択したほうがコストパフォーマンスの面では良いかもしれません。

システム建築のデメリット2 外観のデザインの自由度は低め

コンピューターによる設計・生産で優れた機能性を持っていますが、機能性重視でデザインの自由度は高くありません。倉庫として使用するぶんには気にならないかもしれませんが、店舗として使う場合は少々寂しい外観になってしまいます。

横河システム建築_公式サイトキャプチャ 引用元HP:横河システム建築公式サイト
http://www.yokogawa-yess.co.jp/

見積もるならまずココ!
業界トップシェアメーカー
「横河システム建築」

北海道から沖縄まで全国に8300棟以上の実績!自社ブランド「yess建築」を立ち上げ、全国のビルダーを従えるシステム建築のマーケットリーダーです。※2021年7月時点 公式HPより

公式サイトで施工例をもっと見る

「増築自在」ならプレハブ建築

パーツを組み立てる“規格化工法”で移設や増設が容易

必要なパーツを工場で生産・加工して、現場で組み立てる建築法です。移設や増設が可能な点は大きなメリット。将来的に融通が利きます。また、規格化によって短工期を実現しているのもポイント。ただ、その分、デザインや設計における自由度は高くありません。

保管品の例
  • 木材
  • 板金
  • 薬品
  • 精密機械
  • 製品
  • 美術品
  • 食品
  • 農作物
  • 危険物
  • 引火性液体
  • 産業廃棄物
  • 備品

プレハブ建築のメリット1 移設・増設が簡単で変化に対応できる

プレハブ建築は、移設や増設が容易にできます。「事業拡大により建物も大きくしたい」「倉庫から工場に変更したい」といった場合にも対応できるので、事業計画にあわせて柔軟に変化させることが可能です。

プレハブ建築のメリット2 店舗や事務所としても利用できる

仮設住宅や仮事務所などのイメージが強いプレハブですが、最近では強度・防音・防寒などの機能面が改善されており、倉庫以外の用途でも活用できるようになっています。コストを抑えて店舗や事務所を建築したい場合にも向いている工法です。

プレハブ建築のデメリット1 設計やデザインの自由度が低い

生産されたパーツを組み立てる工法のため、間取りやデザインの自由度はほとんどありません。さらに6m間隔で柱が必要になるため、柱が邪魔になることも。無駄なスペースが生まれたり、物品の保管や運搬がしづらくなったりする可能性があります。

プレハブ建築のデメリット2 防火対策でコストが上乗せになることも

費用を安く抑えられるプレハブ建築ですが、敷地境界線の3m以内または6m以内に他の建物がある場合、防火対策が必要になりコストが上乗せされることがあります。建築を計画する前に確認しておくと良いでしょう。

大和ハウス_公式サイトキャプチャ 引用元HP:大和ハウス公式サイト
http://www.daiwalease.co.jp/prefab/index.html

見積もるならまずココ!
豊富な実績と確かなノウハウを持つ
「大和リース」

倉庫建設事業で60年以上にわたり培った信頼と実績が大きな強み。また、大手の大和ハウスグループの一員であるという安心感もポイントです。

公式サイトで施工例をもっと見る

テント倉庫とプレハブ倉庫はどっちが低価格?

テント倉庫のほうがプレハブ倉庫より安い!

テント倉庫は、プレハブよりも簡単な設計で建てられるうえにシンプルな造りのため、コストが低く抑えられ、より安く建てられます。

価格が抑えられるのは初期費用と建築費用だけではありません。建てた後の維持費もプレハブ倉庫より安く済みます。テントの生地に明るい色を選択すれば外の光を取り込め、照明がほとんど必要ない状態になるのです。照明を使う時間を減らせるので、電気代の節約につながります。

完成までの納期が短く済むのも安くなるポイント。納期が短くなるとその分の建築コストがカットできます。全体的なコストカットを考えているのであれば、テント倉庫の活用を考えた方が堅実でしょう。

テント倉庫が安い理由は?

プレハブ倉庫よりテント倉庫が低価格で建てられる理由は、テント倉庫を建てるそれぞれの工程が鉄骨を使った倉庫より短く済むことにあります。テント倉庫に使う部材の製作から運搬、基礎工事、現地での組み立てまでの工程を短い期間で完了できるのです。

倉庫を建てる際に使用する部材の量が少ないことも低価格になるポイントの1つ。鉄骨の量が少ないと、材料費が安く済みます。工期の短さは人件費カットにつながり、費用をさらに抑えられるというメリットもあります。

部材費、人件費をカットしつつも質にこだわっている会社がほとんどなので、コストカットがクオリティの低下につながることもまずありません。

システム建築の倉庫が建てられる会社

横河システム建築
2017年度は600棟、これまでに8300棟以上の実績を誇るシステム建築業界のリーディングカンパニー※。良質・低コスト・短納期の三拍子そろった自社ブランド「yess建築」を立ち上げ、ビルダー数は増加を続けています。yess建築は、橋や高層ビルで使われる素材を採用することで、柱なしで60mの広さを確保することに成功。柱に邪魔されることなく自由にレイアウトできるので、デッドスペースのない空間を生み出せます。さらに専用工場を設けることで、大幅なコストダウンに成功。そのほか工期短縮や機能性向上などに努めており、施工主の要望に応えるために成長を続けている企業です。※2021年7月時点 公式HPより
JFEシビル
日本のシステム建築のパイオニア。1966年にアメリカのシステム建築トップメーカー・バトラー社と契約し、技術力を高めた企業です。JFEシビルの強みは、建築で使用する資材を自社グループ内で製造している点。優秀な技術者が在籍し、日々進化する建築技術や素材を調査・研究し、最新の製品をすぐに導入できるように努めています。また、市場ニーズに合わせた技術開発も得意とするJFEシビル。杭と柱を一体化させた「キャップ式いちいち基礎工法」は、基礎工事のコストと工期を大幅に短縮できる技術です。人手不足が課題となっている建築業界において、大きな武器となっています。
川田工業
日本の風土と気候に合わせたシステム建築を提供すべく、基礎構造から上屋建物の設計・製作・施工まで、すべて国内で行っている川田工業。同社の自慢は高い耐久性を持つ壁材と屋根材で、アメリカで開発された金属素材のガルバリウム鋼板を使用。その耐食性の高さは、一般的な亜鉛鉄板の3~6倍ほど。鉄板を覆うアルミニウムの保護性能と亜鉛の犠牲防食を合わせた丈夫な建物をつくることができます。さらに自立可能な強度を備えた素材を組み合わせることで、間柱のない建物にすることも可能。仮設足場を必要としないため、工期短縮が見込めます。
新日鉄住金エンジニアリング
新日鉄住金エンジニアリングは、システム建築のほか、製鉄事業やエネルギーソリューション事業なども行っている会社です。製鉄事業で培った技術をベースにした建物は、産業・都市の基盤になっています。倉庫では「スタンパッケージR」が主力商品。これまで1万棟以上の実績があり、倉庫や工場、事務所などとして利用されています。4つのシステムと豊富な部材で、要望に応じたきめ細やかな対応が可能。建築資材には、指定工場で生産している高品質の部材を使用しています。施工は全国のパートナー施工店が実施しており、短工期・低コストを実現しながらも、質の高い施工を行っているところが魅力です。
コア(コアシス建築)
価値の高い生産的な建築空間の追求”をコンセプトに倉庫建築を行なっているコア。柱の間隔を最大60mにまで広げる無柱空間を得意としています。その技術を利用した商品が「CORE‐SYS建築(コアシス建築)」。邪魔になりがちな柱をなくし、スペースをフル活用できることから人気の商品です。パーツの生産はコンピューター直結の生産ラインで自動化。高品質のパーツを安く、安定的に生産することで、コストを削減しています。これまで100棟以上の倉庫を提供してきた経験やノウハウをもとに、施工主のニーズに合う空間を提供。自動設計・自動生産のため、耐雪や冷蔵、金属外壁材など、さまざまな要望に応えられます。
石井工業
石井工業は創業から100年以上、千葉や茨城エリアの建築や復旧工事などを行ってきた企業です。施工では独自の部材を組み合わせることでコストカットを実現。最大60%の鋼重を削減できます。従来より納期を100日短縮できる工法を採用(1,000㎡の場合)。部材は工場で一貫生産しているため、スピーディーに工事を始められます。部材の形が標準化されているおかげで、完成図が確定しているのがポイント。施工図の作成や現場での打ち合わせ時間を短縮できます。現場で加工する必要がないため、工期を短縮できるという仕組みです。徹底した管理のもとで生産しているため、部材の品質は優れています。外壁や屋根材には錆びにくい「ガルバリウム鋼板」を採用。軽くて丈夫な倉庫を建てたい方におすすめです。
ヨネダ
倉庫だけにとどまらず、新築住宅やリフォームなども手掛けているヨネダ。独自で開発した生産システムにより、施主の要望に応じた建築を可能としています。倉庫は屋根と母屋をフレームと一体化させることで、コストを削減。部材の数を抑えて現場での接合を行い、工事時間の短縮およびクオリティの高い建築を実施しています。部材には、超高層ビルにも使われる強度の高い高張力材を採用。柱部屋の内部に柱を置かない無柱空間であれば、最大60mの空間を施工できます。自社で開発した構造解析ソフトの算出により実現している広大な空間。中間に柱を置けば、最大120mの広さがある倉庫を施工できます。
西庄西本建設
西庄西本建設は、和歌山を拠点にして、20年以上もシステム建築の設計・施工に携わっているシステム建築メーカーです。横河システムの「yess建築」をベースにして、独自開発した「NISHIMOTO SYSTEM」による、超合理化・高品質化を実現しており、安全性や耐久性を高めながらも、プレハブ倉庫にも匹敵するとされる低コスト化や短工期などを実現しています。商品としては、規格タイプとオーダーメイド型を合わせて6種類が展開されており、小規模倉庫から、建物寸法を1mm単位で設定できる大規模倉庫まで対応可能です。
藤﨑建設工業
藤﨑建設工業株式会社は、1954年の創業から60年以上にわたって、日本全国で大小様々な建設事業や、システム建築を活用した倉庫・工場の建築を行っている、老舗の総合建設企業です。全国で展開する高品質マンションブランドの建設や、土木・公共事業によって培われたノウハウと、横河システムのシステム建築「yess建築」を融合させた、高品質・低コストな倉庫建築が行われています。また、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)にも取り組み、地球環境や地域環境の保全に配慮している点も特徴です。
関根工務店
創業60年をこえる株式会社関根工務店は、茨城県の水戸市を拠点として、地域住民の満足や安心・安全を大切にしながら様々な建設工事を取り扱っている、老舗の建設企業です。自由設計の注文住宅やマンションから、大規模公共施設、システム建築「yess建築」を用いた倉庫・工場まで、大小様々な建物を取り扱っており、その功績を認められて非常に数多くの受賞歴を持つことも特徴です。また、新築倉庫の無料プランニングや、土地探し、周辺調査や法規制の相談にも乗ってくれるなど、顧客の利便性を重視した経営スタイルもポイントです。

プレハブ建築の倉庫が建てられる会社

大和リース
大規模な無柱空間の「ダイワスペース」や防音性の高い鉄骨造など、施主の希望に合わせてプランを提案。必要であれば、倉庫と事務所を併設させた造りにできます。他にもダイワスペースは倉庫向けに開発されたもので、シンプルな内観が特徴的。使用する鉄骨の数を減らしたうえで、強度が高く広々とした空間を造ります。組み合わせによっては100パターンのプランに対応することも。また、標準装備として雨や日光を防ぐ庇(ひさし)、電動シャッター付きです。オプションを利用すれば、庇の幅を広げたり断熱性に優れた外壁で施工可能。冷蔵庫やクリーンルームなど、必要となる設備にも対応してくれるのが嬉しいポイントです。
日成ビルド工業
施主の視点からプランを考えて施工を実施している日成ビルド工業。年中無休で相談を受け付けており、受付時間は9~21時まで。平日忙しい方でも、土日で相談できるのがメリットです。設計から施工後のメンテナンスまでしっかりとサポートしてくれます。豊富なラインナップで、家庭用物置から企業用の大型倉庫まで幅広く対応できるのが強みです。さまざまな用途に合わせて利用できるフラットハウスシリーズ、住宅と同じ耐震性を誇るウォールハウスシリーズなどがあります。建築前のプランニングでは、倉庫から物を出し入れしやすくなる動線や間取りまで細かく提案。ただ建築するだけでなく、建築後に利用する人の負担も考えてくれる業者です。
昭和ハウス工業
プレハブ建築以外にもユニットハウスや屋外トイレなど、様々な施工を行っている昭和ハウス工業。見積もりからアフターサービスまで、専門のスタッフが一貫して対応します。施工完了後のサポートも充実しており、不安やトラブルがあった場合はすぐに対応してもらえるのがメリットです。施主の希望・目的に合わせて倉庫の形や機能性を追求。オーダーメイドプランがあるので、特殊な用途に倉庫を使いたい人にもおすすめです。製品は自社工場で生産しており、耐久性の高い倉庫を建築できるのが強みです。プレハブ建築倉庫のラインナップは2つ。フルオーダー型の「ソリッド」、コストダウンおよび工期短縮を可能とした「リスピー」から選べます。
内藤ハウス
50年の実績を持つ内藤ハウス。部材を標準化し、自社工場で生産することによりコストを軽減しています。企画から施工まで対応しているため、他の業者に依頼する時間を短縮できるのもメリットの1つです。耐震性に優れており、地震が起きても倉庫内の物にかかるダメージを抑えられます。防錆処理も施されるので、耐久性に関しても問題ありません。豊富なラインナップを提供しており、その数は10種類。広々とした空間で見通しの良い「ナイスビュア」、外壁材に防火サイディングを採用した「セミデラックス」など、希望に合わせた倉庫を依頼できます。
郡リース
郡リースは倉庫以外にも事務所や工場など、様々な建物の施工を行っている業者です。高品質を保ちながら、低コスト&短い工期での対応を心掛けています。一貫したシステムや自社商品の使用によるマニュル化で工期を短縮。部材の軽量化や標準化を行うことで、コストカットを実現しています。自社工場で生産しているので、品質を管理しやすいのも郡リースの強み。品質低下を防げるため、施工後のトラブル発生のリスクを抑えられます。地域性に合わせやすい低価格のフラット、独自の開発システムを取り入れたアルティアなど計4種類をラインナップ。フラットは低価格ながら、デザイン性や居住性に優れた倉庫を建築できます。
三協フロンテア
ユニットタイプの倉庫建築を提供している三協フロンテア。建築の半分以上は工場で行っています。工場内での作業により、天候に左右されないのが強みです。おかげで工期延長のリスクが少なく、迅速に作業を進めることが可能です。施工は企画からアフターケアまで、三協フロンテアがサポート。一社のみで施工が完了するため、他の業者へ依頼する手間や費用をかけずにすみます。神奈川県には展示場があり、倉庫の広々とした空間を実際に見られるのもポイントです。どのような倉庫を建てられるか、自分の目で確認したうえで建築を依頼できます。また、倉庫を建物ごと移動したり増築することも可能です。倉庫がいらなくなった場合は、買取サービスを利用できます。
サンエイ
株式会社サンエイは1977年の創業以来、建設業者と一般ユーザーを合わせて約20,000件という施工実績※を誇る、地域密着型のプレハブ建築ビルダーです。埼玉県さいたま市にある本社を含め、関東エリアに10カ所の営業所が設けられており、それぞれが地域特性や環境に合わせたプレハブ建築を完全自社対応で提供しています。また、取り扱っている製品も多岐にわたっており、プレハブ建築倉庫や事務所・店舗、さらには医療施設などの建築にも携わっています。その他、施主の要望に合わせて、システム建築にも対応可能な点は魅力です。※2021年7月時点 公式HPより
寿コンストラクション
千葉県を中心として、関東エリアで多種多様なプレハブ建築のニーズに対応しているのが、株式会社寿コンストラクションです。事務所の登録年は2016年と新しいものの、数多くの実績や関連企業を持つ寿グループの一員として、顧客ニーズに幅広く対応しています。また、40年以上のプレハブ建築経験を持つプランナーや、一流建築士が設計・デザイン・費用などの相談に乗ってくれ、従来のプレハブ建築を上回る機能性や自由度を叶えられる点も特徴です。その他、グループ企業と連携して、土地探しや資金計画についてもサポートしています。
北都ハウス工業
北都ハウス工業株式会社は宮城県仙台市を拠点として、東北エリアで最先端技術を使ったプレハブ建築を手がけている、老舗のプレハブ建築メーカーです。プレハブ倉庫に使用する部材などを全て標準化して、設計から施工完了まで一切の工程を完全にシステム化することにより、低コスト化や工期の短縮化が徹底されています。また、「ウェーブ」や「ブライト」といった独自規格を設けており、それらをベースにした自由度の高いプレハブ建築倉庫が提供されている点も特徴です。その他、シックハウスへの対策に取り組まれている点も見逃せません。
京滋プレハブ
京滋プレハブは、倉庫や物置として使われていた中古プレハブ建築の部材をリユースして組み合せ、オーダーメイド型のプレハブ建築倉庫として再提供している、中古プレハブ専門のプレハブ建築メーカーです。坪単価7万円からという低コストと、最短2週間程度という短納期を実現している上、新品屋根・外壁張替・鉄骨再塗装といった品質にかかわる部分にもこだわっており、中古でありながら新築倉庫のようなデザイン性や自由度を追求している点が特徴です。また、見積もりや現地打合せ、プランニングなどが全て無料という点も魅力でしょう。
※公式HPに価格の記載はありませんでした

テント倉庫が建てられる会社

太陽工業
博覧会場やスポーツ施設、空港といった大型膜構造建築物で活躍している太陽工業。膜構造建築物において世界トップクラスのシェアを誇っており、各方面から高く評価されている会社です。
太陽工業は室内に柱のない大空間のテント倉庫・工場の建築も取り扱っており、機能的な作業空間を造っています。太陽工業に相談すれば、倉庫・工場の建築についてトータルコーディネートが可能です。
また、太陽工業のテント倉庫の魅力として、室内が明るいというメリットがあります。採光性が高いので、日中の照明代をカットできます。膜材の表面にはポリ塩化ビニルを塗っており、紫外線を99%カットしてくれるので日焼けの心配は必要ありません。
また、太陽工業のテント倉庫は、一般の倉庫に比べて短い工期で建築が可能です。ボリュームの低減と、ボルト構造のフレームによって、工期の短縮を実現。さらに、独自の設計や構造、軽量によって建築コストを従来比で約40%も低減しています。
京浜テック
京浜テックは、「ものづくり」はただ製作・施工することではなく、要望を的確に捉えることや、必要なときに適切なメンテナンスも行うことをモットーにしている会社です。テント倉庫や工場、店舗、レジャー施設といった建設を提供しています。
また、京浜テックでは設計から製作、施工、メンテナンスまでが一貫体制です。一貫体制によって他社へ依頼する手間や費用をカットし、工期の短縮やコストダウンを実現。そのため、スピーディーな施工が可能です。
また、施工後の修理・メンテナンスに備えて作成図面を10年以上保管する体制を整えています。そのため、万が一建設した倉庫に不具合が発生した場合でも、保管していた図面をもとに修理箇所を特定して、迅速に対応してくれます。アフターフォローでは、案件ごとに担当者を決めてしっかりとしたフォローをすることで、依頼者が安心してテント倉庫を利用できるようサポートしてくれます。
ニッケーコー
膜構造建築物の設計・施工を得意としているニッケーコー。テント倉庫・荷捌場・通路屋根・可動・開閉式テント・スポーツ施設といった大小問わず、さまざまなテントの設計・建築・施工を一貫体制で提供している会社です。
ニッケーコーの主なテント倉庫は「オールウェザーハウス」。オールウェザーハウスは最大床面積3,000平方メートルまで建築可能で、建築基準法他関連法令の基準をクリアしています。また、シンプルな構造ながらも丈夫なのが魅力のひとつ。補修が容易なので、メンテナンスにかかるランニングコストを抑えられます。
さらに、ニッケーコーは「ISO認証機関エイエスアール株式会社」認定品質マネジメントシステムISO9001を取得済み※。高い品質のテント倉庫を安定して製造できることを国際認証機関から認められている証です。そのため、クオリティの高いテント倉庫の建築を依頼できます。※2021年7月時点 公式HPより
山口産業
Membry(メンブリー)シリーズと呼ばれるテント倉庫を提供している山口産業。テント倉庫の屋根・壁部分に、フランスのSerge Ferrari社のテクノロジーを採用し、経年劣化が原因で起きる膜材のたるみや風によるバタつきの少ないテント倉庫を建設しています。山口産業の膜材は雪が積もりにくく、紫外線をカットできるのが特徴です。採光性にも優れている膜材なので、日中は照明を付けなくても倉庫内が明るいため、電気代の節約にもなります。
テント倉庫の豊富な実績やノウハウを持つテントマイスターが在籍しており、設計・製造・施工といったそれぞれの工程を厳しくチェックしています。
また、シート1枚からオーダーメイドの対応をしてくれるので、依頼者の用途や要望に合わせてテント倉庫の建築が可能です。
さらに、国際的な認定基準を定めているISO9001を取得した認定工場を持っている山口産業※。日々品質向上を心がけており、テント倉庫を建築後は、全国に点在する営業所からスタッフがアフターケアも提供しています。※2021年7月時点 公式HPより
幕張工業
幕張工業は、テント倉庫の建築や張り替え、修理などの豊富な経験と実績があります。商業用・工業用・店舗用テント・テント通路といったさまざまなテントの建築を得意としており、テント倉庫専門の会社です。顧客のニーズと予算に合わせ、小さいサイズから大きなサイズまでのテント倉庫建築に対応しています。依頼者に満足してもらえるようにと、テントの屋根や壁に使用する膜材のバリエーションは豊富。
幕張工業は、テントの設計から制作、設置までの工程を一貫体制で対応しており、中間の工程で他の会社をはさまずにテント倉庫建築を提供しています。中間マージンをカットしているため、施工費用を抑えられ工期を短くできます。テント倉庫を新たに建設するだけでなく、膜材の張替えや修繕などのアフターフォローも行っています。
また、通常の資材・製品の保管場所として使用されるテント倉庫だけではなく、通路用のテントや庇(ひさし)などの簡易テントの建築も対応可能です。
高島株式会社
高島株式会社は防災性・耐久性の高い膜材・フレームを用いてテント倉庫建築を行っています。依頼者の要望に応じたデザインのテント倉庫建築が可能。31色と豊富なカラーバリエーションの膜材を用意しているため、オシャレな商業施設の庇(ひさし)として導入されることが多いようです。建物正面や屋内、テラス、駐車場、広場といった場所で活用できるでしょう。採用している膜材は透光性と通気性が高いメッシュ膜材のため、日中の室内は明るく、快適な環境となっています。メッシュ膜材以外にも遮熱性に優れた膜材も取り扱うことで夏場の室温上昇を抑えることが可能です。また、国内に8つの営業拠点を構えているので、トラブルが発生した際にはすぐに駆けつけてくれるでしょう。
テント倉庫以外にも内部のインテリアや断熱効果の高い外壁といった部品も製造しています。太陽光発電も取り扱うなど、テント倉庫以外の相談もできますよ。
ハシマシート工業
1978年に創業されたハシマシート工業は、元々は帆布製造業者としてスタートし、やがて現在のようにテント倉庫や膜構造建築物を専門的に取り扱う建築メーカーへと発展してきました。テント倉庫用のフレーム製造や生地加工などを行うために、自社工場を設けており、企画・設計・生産・施工まで全てを一貫して自社内で行っている点が特徴です。また、それによって完全自由設計に対応しながら、コストの大幅削減や、最短2日という工期の短縮化にも成功しています。その他、利用期間1ヶ月からのレンタルテント倉庫も取り扱われています。
サンワ企業
埼玉県を拠点として、関東全域や宮城県・岩手県・福島県など東北の一部地域を対象に、テント倉庫やシステム建築倉庫の提供を完全自社対応で行っているのが、株式会社サンワ企業です。創業以来40年間に培われたノウハウを基に、様々な用途や環境に適応したテント倉庫が取り扱われている上、独自開発の設備機器や管理システムをオプションとして組み込むことで、利用者のニーズに合ったテント倉庫をオーダーメイドで発注することができます。また、レンタルやリースにも対応しているので、時期限定や短期間のテント倉庫の利用も可能です。
デポレント
株式会社デポレントは、高品質なテント倉庫のレンタル事業と、中古の仮設テント倉庫の買取・販売を専門に取り扱っている業者です。新築すれば高額になるだろう高性能テントや大規模テントも、最短1ヶ月からレンタル可能な上、高品質な中古テントも販売されているため、利用期間や目的に合わせて幅広い選択肢を提案してもらえる点は見逃せません。また、すでに不要になったテント倉庫がある場合や、既存のテント倉庫の規模を変更したい場合などは、中古テントとして買い取ってもらったり、下取りという形で相談したりすることも可能です。
もちひこ
静岡県の由比町にある株式会社もちひこは、国産テントハウスのパイオニア企業の1つである、実力派のテント倉庫メーカーです。テント倉庫に使用されるシートや鉄骨など、全ての材料をそれぞれ自社工場で独自に開発・製造し、また設計から施工まで一貫した自社対応を行っています。そのため、ニーズに合わせたカスタマイズや緊急時の対応にも優れており、あらゆる場面や用途に適したテント倉庫を提供可能という点は強みです。また、ISO9001を取得し、レンタル事業も手がけるなど、顧客の安心感や満足度の向上にも努められています。※2021年7月時点 公式HPより

もっと
知りたい!
システム建築とは?

システム建築とは、コンピュータによる自動化と計算を活用して、建築に使用する手順や部材などの品質を可能な範囲で最大限に安定化・システム化する工法です。これにより、建築にかかるコストや工期などを削減できるため、品質を追求しながら低コスト・工期短縮を目指すことができます。

また、条件はあるもののCADを用いて設計できるという特性から、地域性やクライアントのニーズに合わせてカスタマイズすることも可能です。

システム建築
について詳しく見る

システム建築倉庫の費用

システム建築は、工法がシステム化されており、従来工法と比較して低コストを目指せることが特徴です。一方、実際のシステム建築倉庫の費用は、倉庫を建築する場所の条件や特性、倉庫の規模などによって大きく変わってしまうことも無視できません。

また、依頼する会社によっても費用が異なります。そのため、複数の会社へ見積もりや試算を依頼して、それぞれの条件や金額を比較検討することがコストメリットの最大化へとつながります。

システム建築倉庫の費用
について詳しく見る

システム建築倉庫の工期

システム建築倉庫を新築しようとする場合、およそ4か月程度の工期をみておくことが望ましいでしょう。

システム建築倉庫は、プレハブ建築倉庫やテント倉庫と比較すればどうしても工期が長くなりがちです。一方、クライアントのニーズや建築エリアの特性や条件に合わせて設計できるといったメリットもあります。

どのような建築スタイルが最適であるのか考えるためにも、まずはシステム建築倉庫の工期について詳しく確認しておきましょう。

システム建築倉庫の工期
について詳しく見る

システム建築倉庫の耐久性・耐震性

鉄骨の柱や屋根材、外壁材など、必要な建築部材をまとめて工場で生産して品質を安定化させるため、システム建築倉庫では耐久性や耐震性、耐候性などを追求しながら低コスト化・工期短縮を目指すことが可能です。

言い換えれば、システム建築倉庫の耐久性や耐震性は使用する部材の種類や規模などによって異なるということでもあります。次のページではシステム建築倉庫で耐久性や耐震性を高めるためのポイントについて、分かりやすくまとめています。

システム建築倉庫の耐久性・耐震性
について詳しく見る

システム建築会社の選び方

システム建築倉庫では、部材や加工が事前にシステム化され、工場によって必要な部味が製造されているという点が特徴です。そのため、システム建築倉庫の品質やコストを考えるうえで、どのようなシステムが構築され、部材の流通過程が形成されているのかという点は重要です。

システム建築倉庫に関するノウハウや工程は各会社にとって異なっており、どのような会社であれば自社のニーズにマッチするのか、比較検討するようにしてください。

システム建築会社の選び方
について詳しく見る

もっと
知りたい!
プレハブ建築とは?

プレハブ建築とは「プレファブリケーション」という建築工法を用いられる建築であり、それによる建築物を指します。プレハブ建築では、あらかじめ柱や外壁といったパーツを工場で製造しておき、それぞれを現場で組み立てるといった流れを経ます。

そのため、低コストや短工期、長寿命などの利点を追求できる反面、デザインや設計の自由度が低いという点が特徴です。まずはプレハブ建築のメリットやデメリットについて把握しておきましょう。

プレハブ建築
について詳しく見る

プレハブ建築倉庫の費用

事前に工場で生産・加工した部材を、現場へ運んで組み立てるという流れがプレハブ建築の特徴です。そのため、建築部材の品質や価格設定が均一化されており、費用的にはシステム建築倉庫とテント倉庫の中間あたりに位置するといえるでしょう。

しかし、組み立てる現場の環境や状況によってプレハブ建築倉庫の費用は大きく異なってくるため、実際の費用を考える場合は現場に合わせた見積もりを複数社から取って比較検討することが必要です。

プレハブ建築倉庫の費用
について詳しく見る

プレハブ建築倉庫の工期

一般的に、プレハブ建築倉庫ではおよそ3か月程度の工期がかかるとされています。システム建築倉庫の場合は3~4か月程度、テント倉庫では2か月程度が一般的と考えられており、工期としては中間的な工法といえるでしょう。

プレハブ建築の工期はおおまかにいって、ヒアリングから始まり、現地確認や見積もり、契約、そして契約後に設計・施工という流れになります。プレハブ建築の工期や全体の流れについてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

プレハブ建築倉庫の工期
について詳しく見る

プレハブ建築倉庫の耐久性・耐震性

プレハブ建築の特徴は、事前に工場で生産された部品を使って、現地で組み立てるという工法です。そのため、どのような部材が使われていても、プレハブ建築の工法が採用されていればその建築物は「プレハブ建築」といえます。

とはいえ、実際のプレハブ建築では一般的に多く採用されている部材があり、その中の1つが軽量鉄骨(厚さ6mm未満の鋼材)です。 軽量鉄骨の耐久性や耐震性、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)や木造との違いをまとめました。

プレハブ建築倉庫の耐久性・耐震性
について詳しく見る

プレハブ建築倉庫会社の選び方

事前に工場で部材が生産されているプレハブ建築では、部材の種類はもちろん、それぞれの部材についてどのような製造工程や流通経路が採用されているかでも費用や工期、品質が変わります。

そのため、プレハブ建築倉庫を建てようと考える場合、どの会社を選ぶべきかはしっかりと見積もりを取ったうえで条件を確認することが欠かせません。プレハブ建築倉庫会社を選ぶ際のポイントについて分かりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

プレハブ建築倉庫会社の選び方
について詳しく見る

もっと
知りたい!
テント倉庫とは?

テント倉庫とは、軽量鉄骨の骨組みに専用シートをかぶせて膜状の天井や壁を形成された倉庫です。テント倉庫として認められるには、延べ床面積が1000㎡未満、軒高5m以下、平屋建てといった建築条件が定められており、改めて建築確認申請などの手続きも必要になります。

テント倉庫はシンプルな構造であるという特性から、システム建築倉庫やプレハブ建築倉庫と比べて、費用が安くて工期も短いということがメリットとされています。

テント倉庫
について詳しく見る

テント倉庫の費用

骨組みにシート状の膜をかぶせるというテント倉庫では、使用する部材の種類が少なく、工法もシンプルになるため、システム建築倉庫やプレハブ建築倉庫と比較すると費用的に安く抑えやすくなるでしょう。

ただし、実際のテント倉庫の費用は立地条件や建築規模などによっても異なるため、まずは複数社から見積もりを取って費用の比較検討をすることが欠かせません。また、テントの張り替えや補修についても、費用面の確認をしておくことは重要です。

テント倉庫の費用
について詳しく見る

テント倉庫の工期

テント倉庫はシンプルな構造と工法によって、システム建築倉庫・プレハブ建築の2つと比較しても工期を短縮しやすい点が特徴です。

一般的に、テント倉庫の工期は2か月程度が目安とされていますが、建築条件や規模、依頼する会社によっては数週間程度で施工を完了できる可能性もあり、まずは自社のニーズや条件を整理したうえでどの会社へ依頼すべきか検討するようにしましょう。

なお、テント倉庫の工期では建築確認の申請についても考えることが必要です。

テント倉庫の工期
について詳しく見る

テント倉庫の耐久性・耐震性

テント倉庫はシステム建築倉庫やプレハブ建築倉庫と比べて費用面や工期面でのメリットが多い反面、他の2つの工法よりも簡易的な構造となっているために、どうしても耐久性や耐震性で劣ってしまうといったデメリットもあります。

そのため、テント倉庫のメリットを最大限に活かそうと思えば、必要な使用期間や使用環境などを正しく考慮したうえで、テント倉庫の耐久性や耐震性が条件にマッチしているのか適正に判断することが大切です。

テント倉庫の耐久性・耐震性
について詳しく見る

テント倉庫会社の選び方

テント倉庫の建築を考えるうえで、どの会社へ依頼すべきかきちんと条件を精査して比較検討することが必要です。

テント倉庫のメリットを活かすためには、建築にかかる費用や工期といった条件の他にも、シートが破損した場合の補修費用や作業スピードなどのアフターサービス、またこれまでの施工実績や事例についても確認することが欠かせません。

テント倉庫会社を選ぶ際にどのようなポイントを押さえておくべきか、詳細を把握しておきましょう。

テント倉庫会社の選び方
について詳しく見る

もっと
知りたい!
保管品別にみる倉庫の種類

一言に倉庫と言っても、保管する物によって適するタイプが異なります。倉庫によっては希望する物が保管できない場合もあるため、あらかじめしっかりと確認しておかなければなりません。そのため、保管品別に適した倉庫の種類をチェックしておきましょう。

倉庫の種類
について詳しく見る

製品を保管する物流倉庫

製品の保管を目的とする物流倉庫は、常温保管ができる場合はどのような種類でも問題ありませんが、食品類や電子製品の場合はシステム建築で建てた倉庫が最適です。システム建築は気密性・断熱性が高いうえ、精密機器を保管できるだけの防犯性も併せ持っています。

ただし、将来的に倉庫の規模を拡大または縮小する予定があるのなら、解体や増築が簡単なテント倉庫を検討してみるのも良いでしょう。

製品を保管する物流倉庫
について詳しく見る

工業用資材などを保管する資材倉庫

製品の材料となる板金や部材といった工業用資材を保管する倉庫は、資材の特性を考慮して選択するのが重要です。例えば、温度・湿度管理の有無や高さ・広さ、照明が必要かなどです。そのため、倉庫会社に相談する前に、必要な項目をチェックしておきましょう。

また、倉庫から資材を出し入れする場合は、フォークリフトやトラックが出入りできる倉庫だと便利です。

工業用資材などを保管する資材倉庫
について詳しく見る

産業廃棄物倉庫

石膏ボードや廃油、紙くず・木くずなどの産業廃棄物を保管する倉庫は、コストのかかるシステム建築よりもプレハブ建築やテント倉庫の方が適しています。とはいえ、どんな性能の倉庫でも良いわけではなく、生活環境保全上において支障のないよう保管しなければなりません。

また、収集運搬に付随する積替保管や中間処理なども保管基準が決められています。

産業廃棄物倉庫
について詳しく見る

貯蔵槽倉庫

貯蔵槽倉庫は、ケースや袋などに封入されていない穀物や液体などの保管に適しています。倉庫業法施工規則で保管できる物が定められており、貯蔵槽倉庫では第一類から第二類物品のバラでの保管が可能な物と第六類物品のみ保管可能です。

穀物などを保管する場合はトラックによる搬入出が必要となるため、スムーズな作業ができるように大開口や庇などを設置すると良いでしょう。

貯蔵槽倉庫
について詳しく見る

危険物倉庫

大きな指定数量倍数で危険物を扱うことを目的とした倉庫で、一般的に危険物貯蔵所と呼ばれます。保管できる危険物は消防法で定められており、第1類から第4類の危険物は危険物倉庫での貯蔵が可能です。

また、危険物は引火しやすく、発火や爆発を起こしやすいものが多いため、耐火性や防火性に優れた倉庫でなければならないなど、さまざまな決まりがあります。

危険物倉庫
について詳しく見る

野積倉庫

木材や鉱物、自動車など雨風の影響を受けても良い物を保管するのに役立つ野積倉庫。柵や塀を設置した区画内で製品を保管する場所であるため建物ではないものの、さまざまな条件が定められているのが特徴です。

消化設備や照明設備が必要な場合は、テント倉庫や上屋テントでの建築が向いています。また、長期的に保管する際には、防水シートや遮熱シートなどの採用も考えましょう。

野積倉庫
について詳しく見る

冷凍倉庫

食品を保管する冷凍倉庫を選ぶ際は、倉庫内を一定の温度に保てるかどうかが重要となります。とくに、冷凍倉庫は-20℃以下から-50℃以下を保てることが条件となり、この温度を上回ったり下回らないよう気を付けなければなりません。

そんな冷凍倉庫を低コストで建てたい場合はテント倉庫を、加熱室などほかの設備も導入したい場合はシステム建築で建てるのがおすすめです。

冷凍倉庫
について詳しく見る

肥料・農薬・飼料などの保管倉庫

肥料や飼料の保管を目的とした倉庫で、テントタイプ・プレハブ建築タイプ・システム建築タイプのどれでも問題なく建てられます。ただし、肥料や農薬には水に触れることで発熱するものもあるため、屋根からの水漏れだけでなく高温多湿も防止できる機能を備えた倉庫が必要です。また、害虫や害獣などによるトラブルを回避できるよう、定期的な点検・検査も重要となります。

肥料・農薬・飼料などの保管倉庫
について詳しく見る

食品の保管倉庫

食品の保管倉庫を建てる時に最も重要なポイントは、食品によって室内の温度をコントロールできるかという点です。さまざまな食品や原料に対応できるよう、階層を分けて複数の温度で保管できるタイプの倉庫を選べば、品質保持に役立ちます。

また、食品には賞味期限や消費期限があるので、在庫管理がスムーズにできるか、商品の出し入れが簡単かなども重要です。

食品の保管倉庫
について詳しく見る

備品の保管倉庫

オフィスや店舗にて一時的に使用しなくなったイスや机、事務用品や消耗品などを保管するための倉庫です。不要な物を保管しておけば、整理整頓の行き届いたオフィスや店舗をつくり出せます。

備品の保管倉庫を建てる際には、「何を保管するか」が重要でしょう。とくに、水に弱い物や日焼けの可能性がある物、個人情報が載っている書類などは注意が必要です。

備品の保管倉庫
について詳しく見る

万が一
に備える!
倉庫建築と同時に加入しておきたい保険

地震をはじめとした自然災害は、いつ・どこで起こるか予想できません。台風や地震の影響により、定期メンテナンスでは問題がなかった倉庫が崩れてしまうケースも多くありません。

しかし、災害対策を講じようにも、業務が忙しく手が回らずに、先延ばしになってしまいがち。実際に災害が発生した際には、生産ラインが停止したり人的被害により、多大なコストが発生する結果になってしまいます。

ただし、保険に加入していれば、自然災害による損害を最小限に抑えることが可能です。

加入すべき保険
について詳しく見る

動産総合保険

動産総合保険は、機械・器具や楽器などの動産を対象とした総合保険のこと。運送中や保管中、ないしは展示中に発生した事故や破損に対応します。また、この保険の契約は、商品在庫品包括契約、特定動産契約、現金・小切手契約、展示契約といった4種類に分かれているのが特徴です。

多種多様な物品を対象としている保険ではあるものの、すべての物に適用されるわけではありません。ほかの保険で対象とされているものは動産総合保険の対象外なので注意しましょう。

動産総合保険
について詳しく見る

物流総合保険

原材料や製品、部品などが対象となる保険で、保管中や輸送中、加工時に発生するアクシデントにも対応できます。あらゆるリスクに対応できるため、複数の保険を手配する手間がかかりません。

主要な補償内容としては、自然災害や破損、盗聴などの偶発的な災害・事故において、ほとんどの被害を保証しています。ただし、対象となるのは日本国内に限られており、支払われるの保険金にも種類があるため、あらかじめしっかりと内容を把握しておかなければなりません。

物流総合保険
について詳しく見る

火災保険

一般住宅と同様に倉庫でも火災保険が用意されており、ほとんどの会社が保険に加入しています。火災だけでなくさまざまな災害やトラブルを原因とする物品や財産の破損や消失被害の補償を行うため、非常に重要となる保険です。法人へ向けた火災保険には、企業財産包括保険があるでしょう。

とてもメリットの多い保険ではありますが、複数の火災保険への加入や更新の手続きにかかる手間、補償対象の有無などの注意点もあるため、詳しい内容を把握しておくのが大切です。

火災保険
について詳しく見る

500m²の平屋倉庫を建てたら…?費用・工期・耐久性で比べた倉庫建築早見表

サイトマップ